フケや薄毛の原因に!頭皮が赤いトラブルの原因5つと予防策

写真拡大

お肌と同じように日頃からのケアが大切な頭皮。みなさんはどういったケアをしていますか?

ケアを怠ると頭皮が知らない間に赤くなっていたということもあります。頭皮が赤いと痒みやフケ、抜け毛などのトラブルの原因になりかねませんので注意が必要です。

 

■そもそも頭皮が赤くなる原因は

顔と違って鏡であまり見る機会が少ない頭皮。普段は髪の毛で隠れているのでなかなか見えづらく、気が付いたときにはかなり赤いといったこともあります。なぜ頭皮が赤くなるのか? その原因を探っていきたいと思います。

(1)シャンプー

体質に合わないシャンプーを使うと、頭皮がアレルギー反応を起こしてしまい赤くなってしまうことがあります。化粧品が肌に合わないのと同じで、頭皮もかぶれなどを起こすことがあるのです。

使い続けると悪化する可能性があるので、自分の頭皮にあったシャンプー選びが大切です。高級アルコール系シャンプーは洗浄力が強いので、かぶれを起こしやすいといわれています。爪を立てて洗う癖がある人も頭皮を傷つけてしまいがちなので、他の人に比べて赤い傾向があります。

(2)皮脂の過剰分泌

洗浄力の強いシャンプーを使っている場合や、一日のうちに何度もシャンプーをすることがある人は、頭皮の皮脂が過剰分泌されることによって頭皮が赤くなってしまうことがあります。たくさん洗ったほうが頭皮にいいと思いがちですが、洗いすぎては逆効果なのです。

失われた皮脂を補うために体が通常よりも多く皮脂を分泌してしまいます。整髪料を付けていないのに、髪の毛がテカテカしているようなことがあるなら要注意です。頭皮の赤いところをよくチェックして優しく揉んで洗うよう心掛けてください。

(3)紫外線

春先から夏にかけて注意したいのが紫外線による刺激です。髪の毛で隠れているからと侮ってはいけません。頭皮にはしっかりと紫外線が届いています。あまりに日差しが強い日は分け目や生え際が日焼けして赤くなることもありますね。

帽子をかぶったり、日傘をさして紫外線をカットするよう心がけましょう。日焼けで赤いところが火照っているようなら冷たいタオルや保冷剤でクールダウンしたり、化粧水などで保湿してあげましょう。

(4)うっ血

頭皮に赤黒いような痣があったら、うっ血しているのかもしれません。どこかへぶつけた覚えがないか、帽子やサンバイザーなどがきつすぎないかチェックしてみてください。赤い場合はできて間もない場合が多いです。様子を見て改善しない場合は病院を受診してみてください。

(5)紅斑

頭皮の赤いところが一部の場合は紅斑(こうはん)の可能性があります。パーマ液や毛を染めるときの染料などの頭皮への強い刺激が原因だと考えられています。ブラシをするときの力が強すぎることも、頭皮を傷つけてしまい赤い紅斑を作ってしまう可能性として考えられます。季節の変わり目などにもできやすいので頭皮を定期的にくまなくチェックしてみてください。

 

■頭皮の赤みを防ぐ予防策

頭皮が赤いと痒みやフケの原因となってしまいます。痒みやフケがあると集中力が途切れたり、人の目が気になったりして日常生活に支障をきたす恐れがあります。それでは頭皮を赤くしないためにどういった予防策があるのでしょうか?

(1)シャンプーの選び方・やり方

シャンプーは自分の肌に合ったものを選び、あまり洗浄力の高いものは避けましょう。すでにトラブルで頭皮が赤い人はシャンプーをお休みしてもいいかもしれません。

シャンプーの回数は夏場でも一日に1回程度で大丈夫です。それ以上してしまうと乾燥して皮脂の過剰分泌を起こしてしまう可能性があります。シャンプーを髪に付ける前にぬるま湯でよく髪の毛と頭皮を濡らすことがとても大切です。実はその段階でほとんどの汚れは落ちているのです。

また、シャンプーをするときには直接頭皮に出さずに手で泡立ててから揉み洗いしてください。髪の毛をこすり合わせるのではなく頭皮をマッサージするイメージで行うといいでしょう。

(2)血流を良くする

頭皮が赤いというトラブルの原因には、血流の流れが大きく関係している場合があります。日々の運動やストレスの改善が重要です。日常的に運動をして新陳代謝を上げましょう。

ちなみに、肩こりがある人はそのせいで頭皮の血流が悪くなっている可能性もあります。頭皮をマッサージするのはもちろんのこと、首や肩もマッサージをして全身の血流の流れをよくするように心がけましょう。

ドロドロの黒い血ではなく、サラサラの赤い血が全身をくまなく駆け巡ると健康に良いのと同じで頭皮にも良い効果があるのです。

(3)生活習慣の見直し

生活習慣を見直して健康的な生活を送ることで肌がきれいになったという例がたくさんあるように、頭皮が赤いなどのトラブルも生活習慣からきていることが多いものです。

食生活の乱れや寝不足などから頭皮トラブルを起こすことも考えられます。適切な睡眠時間と、野菜やミネラルの多い食事などを心がけることができるといいですね。頭皮が赤いといったトラブルが出ないということが健康的な生活を送れているサインかもしれません。

 

いかがでしたでしょうか? 頭皮が赤いというトラブルを持っている人は、まずは自分の生活を見直すことが大切だということがわかりました。頭皮の健康は全身の健康とつながっているのではないでしょうか。トラブル知らずの健康な体を目指していきたいですね。

 

【関連記事】

※ 頭皮のかゆみ…放置しちゃダメ!薄毛につながる可能性がある「頭皮湿疹」3種類

※ 後頭部の頭皮のピリピリした痛み!頭皮神経痛の原因と治療法

※ くっさ〜!元美容師が教える「頭皮が臭っちゃう」間違ったヘアケア5つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ これは衝撃!秋冬の●●をやめるとおこる「シミ・リバウンド」とは

※ 知らなきゃ離婚問題に!? 夫婦で要チェック「更年期の基礎知識と対策」

※ 成功者続出!ホンモノの水素水を使ったエイジングケアって

 

【画像】

※ Ushico / PIXTA(ピクスタ)

※ わたなべ りょう / PIXTA(ピクスタ)

※ tomos / PIXTA(ピクスタ)