最近好みが変わったなあと思うことが度々ある。以前だったら好んで食べていたものが、なんだか落ち着かない。買っても食べる気がせずに、長い間冷蔵庫に入ったまま、消費期限ぎりぎりになって急いで食べる時もある。時々、食べることができなくて無駄にしてしまうこともあって、反省することしきりだ。その筆頭が、実は豆腐なのだ。

以前までは、豆腐は絹でなければ許さないぐらいの勢いだったのに、今では木綿や焼き豆腐の方が好きになった。なぜだろう。色々考えたのだけれど、私の体が冷たい豆腐を受け付けなくなってきたんじゃないかという結論に至った。なんだ、体力的な問題か。老化か。木綿や焼き豆腐は火を通す場合がほとんどで、たぶん、冷たい豆腐よりも食べやすいのだ。そ、そうか……。

ということで、今週はそんな体力低下気味の私が最近お気に入りの豆腐丼を紹介する。使うのは木綿豆腐。もちろん、焼き豆腐でもいい。

まず、木綿豆腐に軽く塩をして、水をしっかりと切る(30分ぐらいは切りましょう)。この、軽く塩が結構重要なポイントで、木綿豆腐がぐっとおいしくなるので忘れずにお願いします。水を切った木綿豆腐を1センチ幅に切って、フライパンにごま油を熱して両面を焼く。しっかり焼くのがおいしくなる秘訣だ。そこに、醤油とみりんを合わせたたれを回しかけて、少し煮立たせる。これで終了。

茶碗に半分ぐらいのごはんに、刻んだ海苔を乗せ、その上に焼いた豆腐を並べる。そして、刻んだみょうが、ネギ、ごまなどなど、好きな薬味を大胆に乗せる。特に、おろし生姜はたっぷりがお勧めだ。

スプーンで豆腐を崩しながら食べると豪快な感じ。お米は少なめ、豆腐と薬味がたっぷりというバランスがいいと思う。ごはんが少し少ない? そういうときは二杯食べればいいと思います! 是非!

材料 (1人分)

木綿豆腐 1/2丁

海苔 1/2枚

みょうが 1個

ネギ 適宜

おろししょうが 適宜

胡麻 適宜

醤油 大さじ1

みりん 大さじ1

ごま油 適宜

ごはん 一膳

作り方のポイント

薬味はたっぷりで。大葉もおいしいですよ!

♦【村井さんちの田舎ごはん】まとめはこちらでチェック