Doctors Me(ドクターズミー)- 【医師からのオススメ】生理前のイライラを上手に乗り切るための5つのポイント

写真拡大

生理前になると、訳もないのに無性にイライラしてしまう…経験のあるかたも多いのではないでしょうか? 今回は生理前のイライラの原因、オススメの対処法について、医師の話を聞いてきました。

生理前、女性がイライラしてしまう原因は?

生理周期や妊娠を維持するのに大切な2つの女性ホルモンがあります。
・エストロゲン(卵胞ホルモン)
・プロゲステロン(黄体ホルモン)

エストロゲンが気持ちを穏やかにさせる作用があるのとは逆に、プロゲステロンの分泌が多くなるとイライラしたり感情の起伏が激しくなるなど情緒不安定に陥りやすくなります。

生理前になると、この2つのホルモンの分泌のバランスが変化し、プロゲステロンがエストロゲンよりも多く分泌されるようになります。

これが、生理の約3日〜10日前頃から不快な症状が起こるPMS(月経前症候群)の原因です。

PMSの症状とは?

PMSの症状としては、イライラしやすくなる、気持ちが不安定になる、攻撃的になる、肌荒れやむくみがおきる、頭痛、などがあります。
生理前のイライラはこのPMSの一症状といえます。

また、PMSの症状でも、特に精神的な症状が強く出て日常生活が送りにくくなる場合を「PMDD(月経前不快気分障害)」といいます。
PMDDのかたは、生理前になると攻撃的・暴力的になり、周囲との関係が悪くなったり自殺願望などが出てくることもあります。

生理前のイライラ、上手に乗り切る【5つのポイント】

1.タイミングを知る
まずは自分の気分の変化と生理周期をしっかり把握しましょう。基礎体温をつけたり、生理の日をしっかり記録したりして、自分が不調になる時期を予測できると、心構えも変わってきます。

2.周りの理解を得る
周囲の人にこういう症状がある、と理解してもらうことも大切です。

3.規則正しい生活
喫煙、アルコール・カフェインの摂取、糖分・塩分・脂肪などを取り過ぎると症状をひどくするため、普段からバランスのとれた食事をとり、規則正しい生活をしましょう。

4.体調を整える
体を冷やさないようにし、適度な運動をしましょう。ゆっくりと入浴したり、睡眠前のスマホの利用を避け、質のよい睡眠をとることも大切です。

5.貧血・内膜症のケア
鉄欠乏性貧血があると、症状がひどくなることも知られています。普段からしっかりと食事をとるよう心がけましょう。また、内膜症などがあればその治療を含め、婦人科を受診しましょう。

生理前のイライラ期【オススメの過ごし方】

・なるべく無理をせず、好きな音楽を聴いたり好きな香りのアロマを楽しんだりして、リラックスしましょう。

・靴下を履いたり、ぬるめのお湯などでゆっくり半身浴などをしたりして、体をあたためるといいでしょう。

・ストレスがかかるような仕事や用事などは、可能であればずらしたり早めに済ませておいて、時期がかぶらないようにすることも対策として有効です。

医師からのアドバイス

イライラなどの症状が強くてつらかったり、日常生活や社会生活に差し障りがあるようでしたら、我慢せず婦人科を受診するようにしましょう。

(監修:Doctors Me 医師)