みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? どんな痛みがどの位置で起こったかで、疑われる病気がある程度わかります。自分の症状と照らし合わせてみましょう。
腹痛には重篤な病気の前兆かも
お腹の上部には、特に重要な臓器がたくさん位置しています。みぞおちまわりには、食道や胃、十二指腸、心臓、膵臓、胆道などの消化に関わる臓器や、肝臓などのデトックスに重要な臓器が。みぞおちの右側にあたる右上腹部には、肝臓、胆道、胃、十二指腸、右腎臓、膵臓。みぞおちの左側の左上腹部には、膵臓、胃、脾臓、左腎臓など。痛む場所と、臓器別に疑いのある病気をご紹介します。
<みぞおちあたりが痛いとき>
◯食道
マロリー・ワイス症候群・・・みぞおちの痛み、繰り返す嘔吐後の吐血・下血、立ちくらみをともなう場合も。

繰り返して嘔吐・出血し、検査で胃に縦走潰瘍を認められる場合。原因は、飲酒が関与する割合は30〜50%、それ以外には食中毒、乗り物酔い、つわりなどが。痛みをともなう場合は、特発性食道破裂を起こしている可能性があり、出血量が多いとショック状態になり、輸血が必要になることも。治療は、内視鏡検査で潰瘍を確認後、出血している場合は、止血処理をします。処置後は、潰瘍の深さによりますが、入院し、絶食、輸液療法などを。潰瘍の治療として、H2ブロッカー、プロトンポンプ阻害薬などの酸分泌抑制薬を服用します。嘔吐で出血した場合は、すぐに内視鏡検査ができる病院を受診しましょう。

特発性食道破裂・・・嘔吐後、突然バットで殴られたような胸痛や、上腹部痛が。胸が苦しくなるほか、呼吸困難、冷や汗、顔面蒼白に。

主に飲酒後の嘔吐により食道内圧が上昇し、食道が破裂するもの。嘔吐反射が起きた時、こらえようとしたために食道内に嘔吐物が充満し、瞬間的な内圧の上昇に耐えきれなくなった食道壁が破裂します。すぐに手術が必要で、胸腔内や縦隔をよく洗浄し、破裂した食道壁を2層に縫合して十分なドレナージ(ドレーンチューブを留置する)を行います。なかには手術せず保存的治療で治るものもありますが、胸腔ドレーンの留置は必要です。特発性食道破裂は診断、治療ともに難しく、死亡の恐れもあります。飲酒後の嘔吐の後、強烈な胸痛・腹痛を感じたら、直ちに病院を受診してください。

◯胃
急性胃炎・・・上腹部の痛み、もたれ感、食欲不振、吐き気、嘔吐など。

さまざまな原因によって起こされる胃の急性炎症。飲食物、薬物、ストレスが原因のものが多くあります。また、アルコール、外傷、外科手術、ピロリ菌の感染、アニサキス症の際にも生じることが。原因がはっきりしている場合は、それを取り除くと、すぐに回復します。出血が強い場合には、内視鏡で観察しながら止血を。軽症の場合は、注意が深く様子をみれば十分。重症の場合は、内視鏡検査の可能な病院へ。

慢性胃炎・・・上腹部不快感、膨満感、食欲不振。炎症が強いときは、吐き気や上層部痛などの急性胃炎症状がでる。

大半がピロリ菌の長期感染によって引き起こされるもの。急性胃炎のように完全に治りきることはまれ。胃が萎縮して、胃酸や粘膜を分泌しない状態になることが原因ですが、これを改善する根本的治療はありません。胃の不定愁訴には、胃の運動を改善する薬剤や胃の粘膜を保護する薬剤が処方されます。また、ピロリ菌に感染している場合は、除菌します。慢性胃炎自体は、大きな心配の必要がない病気ですが、胃がんの可能性を除外するため、1〜2年に1度の内視鏡検査を受けておくと安心です。

胃アニサキス症・・・食後数時間以内に、急激な上腹部痛や嘔吐などの症状が。まれに、アナフィラキシーショッック症状に陥ることも。