一見華やかな美少女キャラクター。でもみんな目薬の有効成分。

写真拡大

最近何でも「擬人化」してしまう日本人気質。頭痛、腹痛、お天気、お布団、セミ、センター試験...企業のPRからSNSの個人投稿まで「その発想はなかった」となる斜め上の擬人化作品が次々と生みだされている。

そんな中、参天製薬が2016年9月に「目薬に入っている成分を擬人化する」というコンテンツを発表した。マニアックすぎるキャラクターに能登麻美子さん、上坂すみれさんなど豪華な声優陣を起用する、というどこからツッコめばよいのか分からない力の注ぎ具合がSNSなどで話題に。

美少女を眺めながら目の健康知識を学べる

「参天製薬 アイドロップス」は眼球に見立てた架空の惑星「EYE」を舞台に、目薬の有効成分を美少女化したキャラクター「アイドロップス」たちがEYEの健康を守るために奮闘する姿を描く動画コンテンツだ。ストーリーを楽しみながら目の構造やアイケアの重要性、有効成分の働きなど目の健康に関する知識を学ぶことができる。

登場するキャラクターは「タウリン」、「ネオスチグミンメチル硫酸塩」、「ビタミンB6」、「ビタミンB12」、「L-アスパラギン酸カリウム」、「塩酸テトラヒドロゾリン」、「クロルフェニラミンマレイン酸塩」、「イプシロン-アミノカプロン酸」、「コンドロイチン硫酸エステルナトリウム」、「グリチルリチン酸ニカリウム」の10人。

「これ、わざとやってる?」

と思ってしまうほど覚えにくい、マニアックすぎるチョイスだ。でも心配ご無用。それぞれのキャラクターが美しいビジュアルと強烈なキャラを持っており、彼女たちの活躍を眺めているうちに自然と目の健康に関する情報が入ってくる構成になっている。

アイドロップスたちの役を務める声優陣は、喜多村英梨さん、日笠陽子さん、能登麻美子さん、上坂すみれさんなど、数々の有名作品に名を連ねる豪華キャストを揃えた。ナレーションは「ワンピース」のロロノア・ゾロ役などで知られる中井和哉さんが担当する。

参天製薬は9月30日現在、プロローグと第1話、テーマソング「目がメガスカッション ビタミンB12ver」PVの3本を公開している。エピソードは第4話まで配信予定だ。