さびは好きだけど・・・

写真拡大

大阪の寿司店「市場ずし」(東京にある同名の店とは無関係)では、外国人客への握り寿司に大量のわさびを塗り込んでいるので「気をつけて」というネットの書き込みがあり、店側が謝罪した。ネットに流れた写真が凄まじい。甘エビをめくると、ウエッと思うほどのわさびが握られていた。ネタからはみ出しているものもある。

コメントも「わさびが大量に入っている。文字どおり罰ゲームレベルだ」「わさびテロ。やられたのは私だけじゃなかった」という批難が並ぶ。韓国の旅行者が韓国語を話した途端に従業員が差別的な言葉をつぶやいたりするのを聞いた、わさびで涙目になっているのを笑っていたというのもあり、「嫌がらせだ」というわけだ。これに外国人観光客が書き込み、拡散して、あっという間に炎上した。

店側苦し言い訳「増量サービスだった」

市場ずしは2日(2016年10月)、店のホームページに謝罪文を掲載した。まずは「お詫び」があって、事実関係を確認した結果として、以下のような内容が書かれている。

「(海外の客から)がりやわさびの増量の要望が非常に多いため、事前確認なしにサービスとして提供したことが、わさびが苦手なお客様に不愉快な思いをさせてしまう結果となってしまいました」「従業員による民族差別的な発言に関しては、そのような事実は確認できませんでしたが」「社員教育を徹底してまいります」

わさびの増量が「サービスだった」とはなんとも苦しい言い訳だ。差別は認めるわけにはいかないだろう。

司会の小倉智昭「私は個人的にはわさびたくさんだと喜ぶんですが、まあ、食べさせて笑ってる場面があるってことは、嫌がらせと取られても仕方がないですね」

外国人客が多いということは、パンフや口コミで推奨されているのだろう。それ自体は大きな財産だったはずだが、ネット時代はネガティブ・イメージだってあっという間に広がる。客が反撃できると知らなかったとは迂闊だ。