夜中の着信で起こされるよりも!正直ゲンナリな「ママ友からのLINE」1位は

写真拡大

ママ友同士の連絡網でも、LINEは大活躍ですよね。

スタンプ一つで返信できるのは魅力的ですし、“既読”マークがあるので、「読んだかな? 読んでないかな?」ってヤキモキしないで済むのは、忙しい子育てママにとって便利な機能です。

でも、せっかくLINEでやり取りする間柄になったのに、悪マナーが目立って、ゲンナリされてしまっている女性がいるのも現実です。相手の立場を思いやってこそ、良好なコミュニケーションが成り立つもの。

そこで今回は『WooRis』が500名の既婚女性に行ったアンケート結果をもとに、“正直ゲンナリしちゃうママ友のLINEの特徴”ワースト3をご紹介しましょう。

 

■ワースト3位:「夜中や早朝などの時間帯に送ってくる」(16.8%)

今回のアンケートでは、9個の選択肢を挙げ、「あなたが今までにゲンナリしたことのある“ママ友からのLINE”の特徴に当てはまるものをすべて選んでください」と複数回答で聞いてみました。

そして、ワースト3位に選ばれたのは、「夜中や早朝などの時間帯に送ってくる」(16.8%)でした。

家庭によって就寝時間も起床時間も異なりますから、「起きているはず」という思い込みでLINEをするのは意外と危険。

スマホを目覚まし代わりに使っているママの中には、念のために着信音をオンにしている人も多いことでしょう。

せっかくスヤスヤと眠っているところをLINEの通知音で起こされたら、「迷惑……」って思いますよね。

PCメールの感覚で、時間を気にせず送信していると、相手の睡眠を邪魔してしまっているかもしれません。通知音で子どもが起きてもかわいそうですものね。

 

■ワースト2位:「返信が遅い」(20.0%)

続いてワースト2位は、20.0%が選んだ「返信が遅い」でした。

急ぎで返事を求めるメッセージでは、返信が遅いだけでヤキモキしてしまいます。

「自分から誘っちゃった手前、いまさら他の人に声をかけられないし……行けるの行けないのどっちなの!?」と思いつつ、モヤっとしながら返信を待ち続けるのはつらいもの。

だからこそ、返信必須な内容には“既読スルー”しないのも、ママ友LINEの鉄則といえるのかもしれません。返事を待っている側は、実際の待ち時間よりも長く感じてしまうことを忘れずに。

 

■ワースト1位:「他のママ友の悪口」(31.0%)

そして、ワースト1位に選ばれたのは、「他のママ友の悪口」(31.0%)でした。

LINEの通知音が鳴ってイソイソとスマホを開いたら、送られてきたのが他のママ友の悪口だと、ため息が出てしまいますよね。

よほど親しい間柄ではない限り、安易に悪口を送るのは絶対にやめるべきです。他人の悪口を言うことで自分の評判だって落としかねません。

グチりたくて仕方ない出来事があったときでも、せめて面白おかしくオチをつけて話すくらいにとどめておくのが“オトナな対応”かもしれません。

文字では感情までは伝わりにくいといいます。本人は悪口のつもりで発言していなくても、相手に悪口だと捉えられたら最悪ですもんね。

 

■次点:「なにかと子どもの写真を送ってくる」(13.0%)

ワースト3には入らなかったものの次点には、13.0%が選んだ「なにかと子どもの写真を送ってくる」が選ばれる結果になりました。

子どものオモシロ写真が撮れたときや家族イベントの報告を兼ねて、友達にこまめに写真を送っているママっていますよね。

けれど、ママ友の中には「他人の子どもの写真ばかり見せられても、正直困っちゃう」と戸惑っている人も結構数いるようです。

我が子の成長を喜ぶ写真は家族で見る分には大喜びでも、よその家庭からすると「また?」って思ってしまうこともあるようです。

 

いかがですか?

LINEを交換するほど親しくなったものの、相手の都合や気持ちを考えないのは“マナー違反”。親しき仲にも礼儀ありです。

心当たりがあった方は、ぜひ送信時間帯や内容に配慮して、気持ちのすれ違いがおこらないコミュニケーションを心がけてみてくださいね。

(ライター 並木まき)

 

【関連記事】

※ ママ友から「メイク下手」レッテルを貼られる化粧…3位パンダ目、1位は

※ 毒親にならないために…「早く!」と急かすことが子どもに及ぼす悪影響3つ

※ 「ママ友の輪に馴染めない人」に必ず共通するNG行動3つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ これは衝撃!秋冬の●●をやめるとおこる「シミ・リバウンド」とは

※ 知らなきゃ離婚問題に!? 夫婦で要チェック「更年期の基礎知識と対策」

※ 成功者続出!ホンモノの水素水を使ったエイジングケアって

 

【画像】

※ Tom Wang / Shutterstock