リオの次は月だ! 世界月面探査レースに挑むHAKUTOの夢

写真拡大

これまで宇宙開発といえば、大規模な国家プロジェクトとして展開されてきたが、近年その流れに変化があらわれはじめている。民間の企業や経営者が、未来を見据えたビジネスとして、これに乗り出そうとしているのだ。

そんな「民間宇宙時代」の象徴ともいえるプロジェクトが、2007年に始動したGoogleがスポンサードし、アメリカのXプライズ財団が運営にあたる、人類初の民間月面探査レース「Google Lunar XPRIZE(グーグル・ルナ・エクスプライズ)」だ。

同レースのミッションは3つ。まず1つ目は、「探査用ロボット(=ローバー)を月面に着陸させること」、次は「着陸点から500メートル以上移動すること」、最後は「高解像度の動画や静止画データを地球に送信すること」だ。賞金総額は3000万ドル(約30億円)、優勝チームには賞金2000万ドル(約20億円)が贈られる。

すでに、アメリカ、イスラエル、イタリア、マレーシア、ドイツ、ハンガリー、ブラジル、カナダ、チリ、インドなどの世界各国から16のチームが参加して鎬を削っているが、日本からも唯一参戦を果たしたチームがある。宇宙スタートアップベンチャー ispace代表の袴田武史率いる、チームHAKUTO(ハクト)だ。

袴田は、Googleが月面探査レースを支援することについて、次のように語る。

「Googleが賞金を出す理由のひとつは、次世代の教育のため。レース形式の民間支援プロジェクトを立ち上げれば、月や宇宙に対する知識をより深く得ることができ、科学技術の発展にも寄与できる。また、これまで国家規模で行われていた月面探査プロジェクトに、民間が、しかも大企業ではなく小さなスタートアップが挑戦するという構図に、Googleは大きな魅力を感じています」

「民間による月面探査レース」、「宇宙開発スタートアップへの大規模な支援」というプロジェクトは、Googleの名をさらに高め、その広告効果も絶大だ。加えてGoogleは、ストリートビューの月バージョンともいえる「Google Moon」なる月面検索サービスも2005年から提供している。Google Lunar XPRIZEで得られた画像や動画は、当然Googleが公開する権利を持っており、今後、自社サービスの向上に資するという判断があるのかもしれない。

チームHAKUTOの由来

さて、人類初の月面探査レースに挑む日本で唯一のチームHAKUTOだが、チーム名の由来は「白兎(はくと)」、つまり白いウサギ。「月にウサギがいる」といったおとぎ話から名づけられた。また日本神話に登場する「因幡の白兎」にもちなんでいる。HAKUTOが走行実験を行う鳥取県の鳥取砂丘は同神話の発祥の地でもある。

月面をめざす「白いウサギ」。袴田はチーム結成のいきさつについて次のように語る。

「月面探査レースがあるということは知っていました。しかし、直接プロジェクトに関わることになったのは偶然としか言いようのないものです。2009年にJAXAに勤める友人の結婚式に出席したのですが、その会場でGoogle Lunar XPRIZEに参加していたヨーロッパのチームの人物とたまたま隣り合わせになった。当時そのチームは参加に必要な50億円以上の資金調達、また月面探査ロボットの技術開発で苦労しており、協力者を探していたのです」

ヨーロッパのチームはその時点で探査ロボットの技術開発面では東北大学の吉田和哉教授の協力をとりつけていた。思いもよらぬ結婚式で「月への誘惑」をうけた袴田は、悩みに悩んだ末に参加を決意、要請された20億円以上の資金集めに奔走し始める。

「当初は、志ある4〜5名のボランティア・メンバーが集まり、熱いディスカッションを重ねていました。僕自身も他に仕事を持つボランティア・スタッフのひとりでした。ただ僕としては、メンバーのなかにある宇宙への情熱、プロジェクトを成功させたいという信念が醒めてしまうのが怖かった。そこで法人を設立、僕が代表となりプロジェクトをリードする体制をとりました」(袴田)