写真提供:マイナビニュース

写真拡大

エアバスは現地時間の9月30日、仏トゥールーズにてチャイナエアライン初のA350-900を引き渡したことを発表。同社は9社目のA350 XWB運用会社となる。

チャイナエアラインのA350-900は、フルフラットになるプレミアムビジネスクラスが32席、プレミアムエコノミークラスが31席、エコノミークラスが243席、合計306席を備えている。台北=香港線に投入された後、台北=アムステルダム/ウィーン/ローマ線などの長距離戦に導入する。A350 XWBはこれまで、世界の43社より810機の確定発注を記録している。