セビージャで出番がないMF清武弘嗣が意気込む「6ポイント欲しい」《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽日本代表は2日、6日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク代表戦に向けたトレーニングを埼玉スタジアム2002のサブグラウンドで行った。

▽練習後、MF清武弘嗣(セビージャ)がミックスゾーンで取材に応じ、現在自分が置かれている状況について語った。

◆MF清武弘嗣(セビージャ/スペイン)

──昨日のアラベス戦はメンバー外でしたがどの様な気持ちですか

「セビージャが勝ったことは良かったです。チームは良い流れを継続して、チームに戻ったら、良い状態で良い雰囲気のチームに入れると思います。勝ったことは良かったですが、その中に居られなかったことが残念です。悔しい思いもあります」

「ただ、飛行機の中では(最終予選の2試合が)大事な試合だなと思いながら(来ました)。できれば6ポイント欲しいなと考えながら来ました」

──今は悔しい気持ちが強いですか?

「ベンチに入っているけど試合に出られないというもどかしさと、今回はベンチ外という悔しさがあります。ヨーロッパに来て5年目でこういったことは初めてですし、4年間上手くいってたと言ったら、いっていました。ただ、こういった環境を自分で選んだので、想定内といったら想定内なんですが、いざこういった状況になると悔しいんだなという気持ちもあります」