「SNSはお断り!」後輩が望む職場の人間関係…その生々しすぎるホンネ

写真拡大

「会社の人間との付き合いを平気で断る」、「仕事帰りに飲みに誘っても来ない」……など、そのドライすぎる姿勢を度々指摘される、”今どきの若者“。

実際、あなたの周りの“今どきちゃん”や“若者くん”はどうでしょう? 「いやいや、ウチの後輩は飲みに誘ったら喜んで来るよー」なんて声もチラホラ聞こえませんか?

それもそのはず、ある調査では新入社員の中で「上司や先輩との飲み会に参加したい」と思っている人の割合はけっこう多い、ということがわかったというのです。

あら、なんだか嬉しい変化!? と思いきや、その他に気になるデータも。そこからは後輩たちのこんな本音が聞こえてくるようなのです……。

「リアルはいいけど、SNSはお断り!」

……ちょっと気になるその、生々しい内容とは!?

■「先輩とのコミュニケーション、必要だし負担も感じない」新人は5割近くも

株式会社マクロミルが、4月から働き始めた全国の新社会人200名に行った意識調査。その中には「勤務時間以外でも先輩とのコミュニケーションが必要だと思うか」という質問が。

そして最も多かったのが、この回答でした。

・必要だと思うが、負担を感じる……48.5%

なんだ、“負担を感じる”って、結局嫌なことは嫌なのね……なんて見方をするなかれ。この“必要だと思う”の部分がミソだと思いませんか?

そしてこの答えの割合とかなり肉薄していたのが、こんな前向きな答えでした。

・必要だと思うし、負担は感じない……47.0%

ちなみに「必要だと思わない」という答えは、たったの4.5%。

そしてこの回答割合は、年々変化してきていることもわかったのです。

■先輩とのコミュニケーションに積極的な新人は年々増加! 一方、気になるデータも……

・2014年……35.5%

・2015年……40.5%

・2016年……47.0%

これは、「勤務時間以外での先輩とのコミュニケーション」を「必要だと思うし、負担は感じない」と答えた人の割合の推移です。年々増加していることが明白になっていますよね。

ちなみに「職場の上司や先輩から飲み会に誘われたら」との質問には、7割超が「参加したい(もしくは、できれば参加したい)」と回答。

これを見ると、“コミュニケーションを取りたがらない若者”なんてレッテルを貼られている後輩世代たちが可哀想に思えてくるような……。

なんて思っていたところ、別の質問回答に気になるものが……。

■先輩に対する生々しい本音……「リアルはいいけど、SNSはお断り!」

「職場の先輩から SNSの申請やフォローが来たらどう感じ、対応しますか」 同調査ではこんな質問も。そしてその回答で最も多かったのが……、

・困るが、受け入れる……42.0%

うーん、まぁ“困る”のもわからなくもないか……といったところでしょうか?

そして気になる、“拒否派”の割合。「嬉しいが、受け入れない」と「困るので、受け入れない」を合わせた割合は、21.5%でした。

しかし、もちろん前向きな回答も。

・嬉しいので、受け入れる……36.5%

うんうん、少なくはないんじゃない? と思いきや、こちらも過去の割合の推移を見てみると……、

・2014年……43.0%

・2015年……39.5%

・2016年……36.5%

なんと、さきほどの“リアルのコミュニケーション”とは逆に、SNSで先輩とつながりたいと思う人の割合は徐々に減ってきている、ということが判明。

「リアルはいいけど、SNSではお断り!」後輩が抱いている、生々しい本音……先輩であるあなたは、どう感じましたか?

以上、“今どきの後輩世代が望む人間関係”についてでしたが、いかがでしょうか?

“今どきの若者”は、会社、仲間、家族、SNSなど様々なコミュニティにおいて、幾つもの“顔”、つまり“キャラ”を使い分けている、なんて言われることもあります。

“今どきちゃん”や“若者くん”たちにとってはSNSは、“他のコミュニティの人”には覗いてほしくない、“別の顔”で構築した世界、ということなのかもしれませんね。