1日、網易科技は、「なぜ日本人男性のハゲ率はアジア最高なのか」と題する記事を掲載した。

写真拡大

2016年10月1日、網易科技は、「なぜ日本人男性のハゲ率はアジア最高なのか」と題する記事を掲載した。

記事は、トリップアドバイザーが2009年に発表した「薄毛世界地図」を紹介。それによると、最も薄毛が多いのはチェコ人で42.8%。以下、スペイン(42.6%)、ドイツ(41.2%)がそれに続く。そして、アジアで最上位だったのが14位の日本(26.8%)だった。ちなみに香港が15位(24.7%)、台湾が18位(22.9%)、韓国が20位(22.4%)、中国上海が21位(19%)となっている。

では、なぜ日本の「ハゲ率」がアジアトップなのか。記事は3つの原因を指摘する。1つ目はストレスが大きいこと。「日本人は非常に煩雑な社会のルールの中で生活しており、これらが鬱々とした雰囲気を生み出す」と分析。最近話題のAV出演強要を例に、「現場であくせく働くスタッフを見た女性が、出演を断ることができなくなってしまうように、自分自身に過度な社会的責任を与えてしまっている」としている。

2つ目が食の欧米化。日本人の牛肉や豚肉の摂取量が50年間で9倍に増加し、体内脂肪は2倍に増えたこと、野菜や果物の摂取量は欧米と比べても少なく、髪にも影響するビタミンBが不足していること、欧米人と比べて日常的な運動量も少ないことなどを挙げ、これらが薄毛だけでなく、がんを初めとするさまざまな病気の原因にもなっていると指摘した。

そして3つ目が髪の毛の酷使。日本では高校生から髪を染めたり、パーマをかけたりする生徒が少なくないとし、「日本は染髪産業でアジアをリードしているというデータがある。頻繁に染めることで毛髪量が減少したり、抜け毛が増えたりする」としている。

記事は最後に、「われわれ中国も今、急速な発展の中にあり、大きなストレスにさらされたり、食生活が不規則になったり、髪の保護にも気を配らなくなったりすることで、薄毛の若年化はますます顕著になっている。皆さんにはこの記事を教訓にしてほしい」とまとめている。(翻訳・編集/北田)