最近食事に誘ってくれる彼。少し気になりはじめたころ、相手の言動1つ1つが見極めるポイント。彼のことをもっともっと知りたい……そんなときの密会は本当に楽しいものです。まだ見えぬ未来に希望をもたせてくれるのですから。しかし、そんな夢も希望も壊される瞬間があります。その喪失感といったら……。20代の女子に付き合う前に冷める男の態度を聞きました。

証言1:私、癒し係じゃありませんけど

「会社の上司の不満ばっかりだと聞いててこっちまでテンション下がる」(26歳/秘書)

目上の人に対して敬意をはらえない男性は魅力に欠けます。いくら不満があっても、黙ってこなす姿を期待してるのですから。

まだ出会ったばかりで不満ばかり言われても何も面白くありません。ストレスのはけぐちにしてくるような男性といて、いいことなんてありませんからね。

たった1つの発言で彼の仕事に対する取り組み方が見えてきます。本当に仕事に情熱を注いでるのであれば、上司の不満を言ってる暇はありません。そんな男性は、何に対しても不満の中に自分を置きます。

証言2:夢見てるの? 理想ばかり語る男

「好きな女の子のタイプを語りだしたとき。理想だけ無駄に高くてドン引き……」(21歳/アパレル勤務)

いますよね。やたら自分の理想のタイプを語ってくる男。

タイプにこだわる男は何より自分のことが大好きな人間。服装はいつもキマってて、連れて行ってくれるレストランもオシャレ。

でも、喋ることもいつも自分のことばかり。果たして、そこに思いやりはあるのでしょうか。楽しさも束の間。長くは続きません。

そんな男性といて幸せになれるわけがないのです。

証言3:なにこれ、面接ですか?

「なんか、やたら質問が多い人。いくら興味があっても圧倒されちゃう」(22歳/モデル)

圧迫感を感じます。探ることに必死になってる男性はかっこよく見えませんよね。いつだって少しの余裕を醸し出しててもらいたいものです。とくに、「いままで何人と付き合った?」なんて質問は果たして何の意味があるのでしょうか。

デリカシーのない質問を繰り返されるより、付き合った後で「聞けなかったことがあるんだけど……」って言われたほうがずっとキュンとしますね。

恐ろしいことに、1つ1つの言動から、その人の人間性が見えてきてしまうもの。自分の意見をおしつけず、相手の心に耳を傾けるしたたかさが大切ですね。今、ちょっと気になる男性がいる方は、「恋は盲目」状態にならず、しっかりと彼のことを見つめてみてください。