ヴァシュロン・コンスタンタン、老舗生地メーカーのカノニコと協業した高級時計を発売

写真拡大

 世界三大高級時計の一つ「ヴァシュロン・コンスタンタン(VACHERON CONSTANTIN)」が、老舗生地メーカー「ヴィターレ・バルベリス・カノニコ(Vitale Barberis Canonico)」と協業した新作時計「メティエ・ダール・エレガンス・サルトリアル」を発表した。発売は10月が予定されている。 ヴァシュロン・コンスタンタンが新作発表の画像を拡大

 「メティエ・ダール・エレガンス・サルトリアル」は、「プリンス・オブ・ウェールズ・チェック」「ヘリンボーン」「ウィンドーペーン」「ピン・ ストライプ」「タータンチェック」の5型を展開。「男性のクラシカルな服装」をコンセプトに、紳士服に使われれる生地のような質感とカラーを文字盤に再現した。三日月型のスペースには、クラシカルな織り模様のモチーフをギヨシェ彫りの技法を用いて手作業で施し、グラン・フー・エナメルでコーティング。全てのモデルに「ヴァシュ ロン・コンスタンタン」が自社開発した手巻き機械式ムーブメント「キャリバー1400 」を搭載し、高品質な時計にだけ刻印が許されるというジュネーブ・シールを取得したモデルとなっている。税抜予価は各615万円。■VACHERON CONSTANTIN:公式サイト