25歳を過ぎたら。後悔しないために、向き合うべき「真実」って?

「自分と向き合う」
簡単に言いますが、これってすごくパワーを使うこと。
25年も生きていれば、目を背けたいこと・忘れたいことは山ほどあるはず。
だけど、これ以降は時間が過ぎるのがよりは早く感じます。
そして、自由に恋愛を楽しめる期間も、自分のためだけに時間を使える期間も、好きなことができる体力や健康を維持できる期間も・・・
タイムリミットが近づくばかり。
あとあと後悔しないために、向き合うべき真実って?

 嵋榲の自分」と「なりたい自分」と「他者から見た自分」のギャップを知る。

shutterstock_3635681

周りにどう思われているか、少なからず誰でも気にはなるところでしょう。
特にSNS社会の今
「セレブライフを日々つづっているけれど、そのために1人の時はもやしで節約している。」
なんて話も耳にします。
そして、セレブを演じているつもりが無理がバレバレ。という残念なオチも・・・。
ギャップを知り、本当の目指すところを一度よく考えてみてください。
そして、本心から自分が求めていることへの努力にエネルギーを注ぎましょう。

⊆未蠅琉い写真を見る

shutterstock_278626685
人は誰しも「盛れている」写真を見たいもの。
だけど、それを真実の姿と思っていると、ある時、結婚式用に撮影したビデオメッセージなんかを見たときに
「あれ?こんなに私って太ってた?」
「なんだか老けた?」
などと驚き、気が付いたときには割と手遅れ。なんてことも・・・。
最も美しくない写りの自分を見て「不意にこんな暗い表情をしてるんだ」「太ったかもしれない」などと、自分を客観視することが大切です。

M達や恋愛相手を考え直す

shutterstock_107142449

若いころは「趣味趣向が合う女友達」と飲み会やイベントに顔を出すことがすごく楽しかったはず。
しかし、25歳を境にそんな機会はぐんと減ります。
これを機に、結婚や出産などライフスタイルに変化が出ても、ずっと親しくしていたい相手なのか、それともミーハーな遊びを楽しむだけの悪友だったのかを見つめ直してみましょう。
また、恋愛する相手も自身の将来設計と一致するかを考えて。

た誉犬竜媚擦鮖呂瓩

shutterstock_230098735

若いころは、「ハタチの自分なんて想像できない」と思っていましたよね?
そんなあなたも25歳。
たしかに「今」はとっても楽しいことでしょう。しかし、30歳になった自分、40歳になった自分を想像してください。

結婚していたい?子供が何人ほしい?好きな仕事で活躍していたい?
どれも今から準備や出会い、努力が必要です。
大学を卒業し、新卒で働いて3年目。
転職するの?今の会社で頑張るの?
先を見据えて逆算し、答えを出しましょう。

shutterstock_379510789

「自分と向き合う」って、本当に大変なこと。最初は、辛いことも多いかも知れません。
だけど、これをするかしないかで、ここから先の「人生の豊かさ」が変化します。