婚活で出会った女性から保険の勧誘が……

写真拡大

「なかなかいい出会いがない」と婚活中にボヤく人は少なくない。「この人、タイプ!」と思える相手とマッチングし、まずはデートできる状態へともっていけるのは、けっこうツイている人だと思う。今回は「教えて!goo」に寄せられた婚活中に出会った異性にまつわる相談「婚活パーティーで一目惚れ&マッチング→だけど……」をご紹介しよう。

相談者は27歳独身男性。参加した婚活パーティーで好みの女性と見事カップルに。次回デートの約束や趣味の話、彼女の仕事の相談にのるなど、パーティー終了後に少し話をしたという。保険会社で営業職として勤める彼女は奥手で受け身な性格に見え、ノルマを達成できないことに悩んでいる様子。その翌日、彼女とメールをやりとりしていると「保険に加入してほしい」と頼まれ、驚いた相談者。加入をしてあげてもいいが、彼女のためにはならないのではと感じているようで、自分は彼女に何をしてあげられるか、と尋ねている。

■パーティー参加は保険勧誘目的?

これに対し、「加入すべきではない」との意見が多数寄せられた。

「絶対に入ってはダメだと思います。女は計算高い生き物だし、そこで入ってうまくいっても一生利用されます。保険を売るために参加してるのが見え見えです」(motenaikun1さん)

婚活パーティーにネットワークビジネスの勧誘目的で参加する人もいると聞くし、仲良くなった相手に投資用マンションを売りつける婚活詐欺のニュースも後を絶たない。それらと比較するのもなんだが、彼女の真意は外から覗くことはできない。

「『結婚した後で一緒に考えよう』この一言で全ての決着が付きます。相手もアナタに惚れてるならゴール。ただの勧誘ならバイバイ」(to-sakaさん)

なんともシンプルかつすぐに答えがわかる返答ではないだろうか。もし、保険の勧誘でカモとしか思われていないとわかれば、残念だが諦めて次の恋愛へ進んでいこう。

■加入して彼女の様子を見るのも一案!

一方で、「加入してあげては?」といった、上記とは真反対の意見も出ている。

「安い掛け捨てで加入してみたらどうでしょう。その後の様子を見ながら判断できると思いますが」(merciusakoさん)

加入後の彼女の対応で、彼女が相談者をどう思っているのかが明らかになる。もし、相談者との将来を多少なりとも考えているなら、いきなり連絡が途絶えがちになったり、対応がそっけなくなったりはしないはずだ。ある種の賭けだが、タイプど真ん中の異性であれば、試してみる価値はあるだろう。

「生保レディと言えば口ハツチョウ手ハッチョウですよ。奥手で受け身の人は見たことないね。そんな人は務まらんしやりませんね。明らかに営業ですね。まあ加入してあげなさいよ。それですべてが分かりますから」(takancueさん)

相談者が「おとなしい」と感じた彼女の性格は、実は本性ではないのかもしれない、と思わせる見解である……。

最後に、相談者も書いているが「惚れた弱み」というのは確かにあって、それは自分の選択や行動に強く影響することもあろう。ただ、後悔することのないような選択をしてほしいと思う。

オーロラ・スシ(Ikeda Sonoko)