29日、台風で被災した中国福建省アモイで、地元テレビ局の女性記者がサングラスに日傘を差して被災者を取材する様子が問題となった騒動について、中国の掲示板では日本のネットユーザーの見方が紹介された。写真はアモイテレビの女性記者。

写真拡大

2016年9月29日、台風で被災した中国福建省アモイで、地元テレビ局の女性記者がサングラスに日傘を差して被災者を取材する様子が問題となった騒動について、中国の掲示板ではこの騒動に対する日本のネットユーザーの見方が紹介された。

アモイテレビの女性記者は先日、ノースリーブにタイトスカート、サングラス、日傘といったいで立ちで台風14号の被災者に対するインタビューを行ったことで批判が集まり、テレビ局は「モラルに反し、業界のイメージを傷つけた」として、女性記者を停職処分とした。

このニュースに対する日本のネットユーザーのコメントが、中国人にとっては意外だったようだ。日本のネットユーザーからは、「おんぶしてもらいながら取材してたら100点」「日本には被災地で弁当食べてたたかれたアナウンサーがいる」など、日本にも同様の問題があったことを指摘するコメントが寄せられた。

これは、台風で被害を受けた岩手県を視察に訪れた内閣府の務台俊介政務官が、長靴を忘れたために水たまりをおんぶされて渡り、批判を浴びたことや、熊本地震を取材中の毎日放送の山中真アナウンサーが、自身のツイッターで弁当の写真を乗せて「食料がなかなか手に入りにくい」とつぶやき、同じく批判を浴びたことを指している。

このほか、女性記者が日傘を差していたことについて、「日傘を差すのは日本だけと聞いたけど?」「日本と中国くらいか」「日本からアジアに広まったんだよ」「欧米ではほとんど見たことがない」といった話題に発展したことも伝えられている。

中国のネットでは、こうした日本人の冷静な物の見方について、「日本と中国のネットユーザーのコメントを見比べて、何も言えなくなった」「日本のネットには噴子(※悪辣な言葉で他人を攻撃する人)はいないのか。恐るべき、そして偉大な国だ」「日本と韓国の違いがわかる」といった声が寄せられている。(翻訳・編集/北田)