30日、中国版ツイッター・微博で、チョコレートの香りのするバキュームカーを日本が発明したことを伝える投稿があった。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真はチョコレート。

写真拡大

2016年9月30日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、チョコレートの香りのするバキュームカーを日本企業が発明したことを伝える投稿があった。

投稿者は、バキュームカーを製造する東邦車輛など4社が、バキュームカーから出る糞尿の悪臭を芳香に変えるバキュームカー専用の潤滑剤を開発したと発表したことを紹介、悪臭が「チョコレートのような香り」になると伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「よけいに気持ちが悪くなると思うが」
「食べ物の香りにするのだけはやめてくれないか」
「ほかの香りにすればいいのに、なんで食べ物にしたんだよ」

「もうチョコレートは食べられないな」
「誰かが誤食しちゃったらどうするんだよ」
「チョコレートを食べるたびに大便を思い出しちゃうんじゃないか?」

「これはチョコレートに対する攻撃だ!無臭にすればいいのに」
「日本はバキュームカーでもきれいなんだな」
「これは人情味ある方法だ!作業員はこれで気兼ねなく作業できる。仕事の種類にかかわらずすべての労働者を尊重すべきだ」(翻訳・編集/山中)