犬の散歩に関する悩みは、楽しいはずの時間を憂鬱にしてしまうものです。
それはマナーに関わる問題から健康面、困った行動に至るまで様々。

ワンちゃんがうまく社会に溶け込むために私たちが心得ておくべきことと必ずやっておきたいしつけがあります。

その1 散歩中の排泄のしつけ

散歩は、犬の運動はもちろん社会性を身に付けるために重要なことと言われています。
中には、散歩が排泄の時間も兼ねている…という場合もあり、少なからず外での排泄を好む犬がいることは事実です。

しかし、散歩時の排泄は、マナーの観点からみて問題視する声も出てきており、排泄が散歩時に限られているケースでは、天候や飼い主さんのライフスタイルに左右されやすく長時間に及ぶ我慢が健康に大きな害をもたらすことが考えられます。

子犬の時代からトイレシートの上で排泄ができるようにすることは、もはや室内飼いでの排泄におけるしつけの基本となっています。成長するに従い次第に外で排泄をするようになることもありますが、健康を考える上では我慢をせずに排泄できる環境はとても大切です。

室内に設置したトイレは外での排泄を覚えてしまった後でもそのままにしておき、いつでも排泄ができるよう綺麗にしておきたいものです。

また、長年外での排泄が習慣となってしまった犬でも、しつけの時間はかかるものの根気よく教えることでトイレシートでの排泄が可能となります。
ご家庭のお庭やガレージ、ベランダなど外を感じられる場所にトイレシートを敷きトイレを設置します。犬が排泄をしたくなるタイミングを見計らってトイレに連れて行き、排泄ができたら褒めて散歩に連れ出します。これを繰り返し行い、トイレシーツの感触に慣れさせトイレであることを認識させていきましょう。

その2 散歩中の引っ張り癖のしつけ

街を歩いていると犬に引っ張られながら散歩をさせる飼い主さんをよく見かけます。
それは一見すると飼い主が犬に散歩をさせられているようにも見え、自分勝手にリードを引っ張る犬に悪戦苦闘する飼い主さんの姿でした。

犬にリードを引っ張られながら散歩をすると、犬が自分任せな頼りない飼い主さんを見かねて、『自分が行く先を決めなければ…』と勘違いをしてしまい、散歩の主導権を握った犬は、絶えずリードを張るようにぐいぐいと前に進もうとします。

また、犬にとって街に出ることは、私たちが想像する以上に大きな刺激となります。知らない人、散歩をしている他の犬、徘徊する猫、往来する車両など……。
私たちには、ごくありふれた光景も犬たちの目にはとても新鮮なものとして映っているのです。

しかし、犬の勘違いや様々な刺激は、時として危険を孕んでいることがあります。引っ張られたことによる飼い主さんの転倒や、衝撃でリードを離してしまったことによる迷子、様々な事故などは、こうした犬の引っ張り癖が原因となって起こることが多くあるのです。

リーダーウォークを利用した散歩中の引っ張り癖のしつけ

子犬の時代から飼い主さんの横について歩くしつけ『リーダーウォーク』を犬に教えることはとても重要です。これは上記の引っ張り癖のあるワンちゃんにとても有効的なしつけと言えます。
リーダーウォークの基本はリードが緩んで犬が飼い主さんの横についていることです!

いつも通り犬を連れてお散歩にでます
        ↓↓↓
犬がリードを引っ張ったら立ち止まる
        ↓↓↓
犬が立ち止まったら犬が行こうとしている方角と逆の方へ進む
        ↓↓↓  
犬が横について歩いてきたら褒めてご褒美をあげる

ひたすらこのような練習を繰り返します。
注意することは、飼い主さんがリードを引っ張らないこと、そしてリードが常に程良く緩んでいることです。
行き先は飼い主さんが決める!そして飼い主さんのそばを歩くと良いことがある!
この大きな2つのポイントを忘れずに根気よくしつけしていきましょう。

愛犬と上手にお散歩!みんなの散歩のしつけ方

皆さんから寄せられた「散歩のしつけ」をご紹介します!

女性 40代

散歩の時のしつけには本当に悩まされますね。
でも、散歩専用のしつけを考える前に、まずは家の中での飼い主さん・愛犬の関係を築くことが先決です。

本質的に、犬は人間に従う事を好むとは言われていますが、多くの場合、お迎えするパピーちゃんはそんなこと、わかりゃしないと思っていいです。「飼い主さんに愛されている」ことを実感し、「かけがえのない飼い主さんに好かれたい」と想い、飼い主さんを信頼し、言うことを聞けばいい事があると繰り返し学ぶこと。完全に身に付くまでの時間には、犬種・個体差もありますが、相応の時間を要します。けれども、その関係が芽生えているかどうかは、後々まで大切になります。

具体的にですが、パピーちゃんをお迎えして、お散歩に出かける頃に上記の様な関係はまだまだ未完全でしょうし、外に出ると楽しいこと、興味があること、怖いこと・・色々な状況に出会います。
勝手に歩こうとする、その逆に全く動かない子もいるでしょう。でも、それも個性。すぐに理想的なスタイルになんてなれるわけはありません。まずは、リードを短くもつこと。

そして、愛犬に話しかけ、いいこと・悪いことを伝えながら、なぜ愛犬がそうするのかも考えてあげましょう。場合によっては、プロのトレーナーさんの指導を受けたほうが近道の場合もあるかもしれませんね。

女性 40代

わんちゃんの散歩中のしつけの悩みといえば、引っ張りぐせや他の犬に吠えかかるなどのトラブルだと思います。
でも、「まて」「おいで」「すわれ」の3つさえ普段から完全にマスターさせていればほとんどのトラブルは回避できます。

例えば、引っ張りぐせには引っ張りそうになったら、「まて」と言って止まらせ、「すわれ」で座らせて落ち着かせます。落ち着いてきたら、「よし」で解除し、再び興奮しないよう、穏やかにほめてやります。
おやつを使うなどの方法もありますが、私の経験だと穏やかに笑顔でほめてあげるのがわんちゃんにとって最高のご褒美だと思います。
同様に、車が来たときや他の犬に吠えられた時にも「まて」「すわれ」が有効です。こちらも通りすぎたらほめてやります。

実際、私の犬が散歩の時にリードの金具が壊れてしまい、一瞬走り出してしまいましたが「おいで」の一声だけで戻ってくれたので、予備のリードをつけることが出来ました。車も犬も人もよく通る道路だったので、本当に良かったと思います。

散歩を楽しむためには、特別なことよりたった3つのコマンドを日頃からきちんと教えていれば大丈夫なんだと実感しています。私は毎日、愛犬たちとの散歩が楽しいですし、愛犬たちも喜んでいると思います。

女性 30代

現在7歳になる柴犬を飼っています。子犬の頃は、散歩に出ると他の犬と挨拶したい、あっちこっちが気になるで引っぱり癖がひどくて本人も私もゼエゼエ言うくらい大変でした^^;

「おやつのしつけ」と「イージーウォークハーネス」でコントロール

甘噛みにも困っていたので、プロに見てもらうべく、しつけ教室に通う事にしました。
教室で教わったのは、愛犬をおやつを使ってコントロールするというもの。
具体的には、犬が「他に注意を向けそうになる」⇒「その前に名前を呼ぶ」という方法です。名前を読んだ時に反応してちゃんとコチラを見たら、おやつを与え、めいっぱい誉めてあげます。

このしつけ方法なら、拾い食いしてしまうわんこもこちらに注意を向かせてやめさせる事が出来ますし、元気が有り余るわんこであれば、名前の代わりに「オスワリ」と言って、一旦クールダウンさせる方法も効果的でしょう。

さて、わが家の愛犬の場合は・・・

「他の犬と挨拶したいけど・・・」チラッ
「色々気になるものもあるけど・・・」チラッ
「でも大好きなおやつが欲しい!」

こちらの作戦にまんまと乗っかって、愛犬も突撃する事は少なくなりました 笑

他にも引っぱり防止の散歩グッズ「イージーウォークハーネス」を利用しました。
イージーウォークハーネスという名前で、胸の当たりがハーフチョークになっていて前に突進しようとするとそこが締まって動きを静止させるハーネスです。引っ張り癖が出た際も、わんちゃんが自分で自覚出来るので、効果が高いグッズでした。

このように、うちではこのふたつの方法を上手く使い、引っぱり癖を直しました。
今では落ち着いてしまって他の犬にもあまり興味がなくのんびり散歩ですが、当時がんばった昔があるから余裕が持てる今があるのかなぁと感じます^^

女性 40代

愛犬の散歩は毎日の事ですので、他の犬に吠えたり、勝手に引っ張って拾い喰いしたりしては困りますよね。特に散歩デビューしたてのワンコは、最初のしつけが肝心だと思います。

歩くときも飼い主の横にきちんと付きながら歩くように、リードの持ち方もゆるくではなく、いざという時にサッと引けるように長さを調節して持つようにしたいですね。我が家の愛犬も、相性の良い犬と苦手な犬がやはりいます。

向こうから苦手な子が来た場合には、あらかじめリードを引き気味にして「向かって行っちゃダメだよ」という合図を送ります。飼い主の指示にキチンと答えられるように、時に厳しくしつける事で主従関係を築くことは大切だと思います。

女性 30代

わんちゃんにとっては、お散歩は楽しみの1つでもあります。ついつい嬉しくて興奮してしまって走ったり、入ってはいけないとこに行く〜行く〜と引っぱっていくわんちゃんもいるのではないでしょうか?我が家もそうでした。だんだんお散歩に慣れてくると、引っぱり癖が出てきました。
犬が引っ張ったからといって、無理にリードを引っぱることだけはやめましょう。
わんちゃんが首や気道を痛めてしまったり、首の骨が折れることも!!
わんちゃんが引っぱって走って行ってしまったら、飼い主さまは立ち止りましょう。いくらひっぱっても立ち止まり続けます。
わんちゃんがそこで、飼い主さまを見て戻ってきて、しっかりアイコンタクトができたら、褒めてご褒美をあげましょう♪これを根気強く続けていくと、引っぱり癖はなおります!

まだアイコンタクトができていないのであれば、アイコンタクトから練習するとスムーズに引っぱり癖のしつけができます。

イージーウォークハーネスで散歩のしつけ

どうしてもなおらない・・・早くなおしたい!という方には、「イージーウォークハーネス」を購入されてはいかがでしょうか?このハーネスをつけてお散歩をすると、引っぱり癖がなおるのが早いです。

うちの愛犬は、このハーネスを購入してお散歩のしつけなおしをしましたら、引っぱってる!と思ったらすぐに私が立ち止まりましたら、愛犬は横か後ろを向く体勢で立ち止まります。引っぱり癖をなおすためのハーネスなのでそういう作りになっているからです。よって、必然的に飼い主さまのほうを見るようになり、こちらに近づいて戻ってきたら褒めてご褒美を繰り返し、引っぱり癖をなおしていきます。

我が愛犬は、「お散歩講座」というしつけ教室に参加して、アイコンタクトができているから、なおりは早いと言われました。ですが、2匹目にヤキモチを家の中ではやいているせいか、どうしてもお散歩ではしゃいでしまうため、「イージーウォークハーネス」を購入して、このハーネスでお散歩をして、まさにお散歩しつけなおし中です!

飼い主もビックリするほど、このハーネスには効果があります!もちろん飼い主のタイミングのつかみ方も大きいですが、このハーネスは海外の獣医師が作ったものだそうで、使ってみて納得でした!!

まとめ

さて、今回は犬の散歩時のしつけについてご説明しました。いかがでしたか?
散歩は、ワンちゃんとの楽しい時間を共有するものであり、犬が社会の一員としてどうあるべきかを問われる時間であると思います。
周囲の人や社会に迷惑をかけないためのマナーやルールを学び、多くの我慢を強いられる中で何をしたら飼い主さんに褒めてもらえるのかを教えちゃんとしつけることは、人間社会で暮らす犬にとって幸せなことと言えます。
これを機会に散歩を通してワンちゃんに良い習慣を身につけさせてみてはいかがでしょうか?