銀座のホステス経験を活かす女性投資家 「マイクロファイナンス」に出資し月収100万円

写真拡大

 右肩上がりの経済成長はとうに終え、低成長時代に突入したニッポン経済。それでもバブルのごとく稼ぎ倒す強者は、少数ながら存在する。彼らは常人と何が違うのか――新型富裕層に秘密のスキームを直撃した!

<新井有希子さん(仮名・48歳)…月収100万円/マイクロファイナンス>
日本で不動産業を営んでいた夫とともに、シンガポールに移住。東南アジアを中心に不動産投資、飲食業、雑貨の輸出など幅広い事業を営み、マイクロファイナンスにも着手。年下の愛人とのタイリゾート旅行が趣味

◆最小単位は1000万から。注目ファイナンスへの出資

 東南アジアを舞台に暗躍する富裕層の間で、マイクロファイナンス事業がブームになっている。人気の要因は、小口貸し付けではあるものの、利益率の高さにある。

 不動産投資会社の役員であり、雑貨の貿易や飲食業など幅広いビジネスを手がける新井有希子さんも、ここ数年バングラデシュやカンボジアのマイクロファイナンスで利回り10〜15%の利益を上げているひとり。

「マイクロファイナンスの代名詞と言われているバングラデシュのグラミン銀行は、10年前に創始者がノーベル平和賞を受賞したことでその名とシステムを東南アジアの貧困国に広げました。最近は個人への貸し付けを行う機関も増えましたが、私が出資しているところは今もグループ、家族、村単位での契約という連帯責任制を強いています。『仲間に迷惑をかけられない』という村社会の特性を利用したシステムで、無担保の融資でありながら、貸し倒れがほとんどないんです」

 とはいえ、貧困層相手の商売で、回収担当者は交通の便が悪い農村部へのまめな訪問も必要だ。それ相応の人手やコストがかかるのでは?

「昭和の地方信用金庫とよく似ていて、スタッフは村長に各家庭の事情を詳しくヒアリングするなど、手間がないわけじゃありませんよ。ただ、現地の銀行から独立した優秀なメンバーに任せてあるので、今のところかなりうまくいっています。途上国ビジネスの肝は、信頼できる現地人パートナーと組めるかどうかです。まぁもともとは私自身ではなく、旦那のコネクションですが……。女性の利用者が多いと聞いて視察に行ってみたら、村の女性がわんさか集まってきて、『高利貸なのにこんなに感謝されるんだ』ってますますやる気になりました(笑)」

 独身時代、銀座のクラブでホステスをしていた新井さん。彼女が募った出資者の半数は、ホステスからビジネスの世界へと転身した昔からの仲間なのだとか。

「バブル時代、お手当で不動産をもらったコや、愛人時代にしっかり貯めてたコに『増やさないともったいないよ』と最小1000万円からで声をかけてみたんです。『女性を応援するビジネス』というセールストークがウケて3000万円をポンと出したコもいましたね。水商売で積んだ経験がこんなところでも生きるとは思ってもいなかった」

 カネへの嗅覚に優れた夜の蝶たちは、最貧国で利益を上げながら徳を積む快感に酔いしれていた。

<新井さんの富豪哲学>

・信頼のおける現地人パートナーは必須
・使えるコネクションはもらさず利用する!
・慈善事業好きの女性出資者を取り込む

― [新型富裕層]の裏錬金術 ―