26日、韓国メディアによると、韓国の国会で、1990年に設けられた駐車場に関するある規制が、26年たった今ではもはや非現実的なものになっているとの指摘が上がった。写真はソウル。

写真拡大

2016年9月26日、韓国・アジア経済などによると、韓国の国会で、1990年に設けられた駐車場に関するある規制が、26年たった今ではもはや非現実的なものになっているとの指摘が上がった。

国会・国土交通委員会所属の李元旭(イ・ウォヌク)議員は26日、「現行の駐車場法施行規則3条に定められた駐車単位区画の最少幅基準は2.3メートル」になっているとし、「90年に幅2.5メートルから0.2メートル縮小されて以降、26年間一度も改定されていない」と指摘した。

李議員によると、90年代こそ乗用車の車幅は1.7メートル前後だったが、その後徐々に大型化が進み、現在では幅1.9メートルを超える乗用車も珍しくなく、2.17メートルに達するものも販売されている。幅1.9メートルの車を止めた場合、残る空間は40センチしかなく、人が乗り降りするには片側の20センチ余りを使うしかないのだ。李議員は、建物地下に設けられる非常脱出扉の幅が75センチ以上と定められていることを勘案すると「この駐車場の規制はあまりに非現実的だ」と指摘した。

これについて、韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。

「僕は小型車に乗ってるけど、ものすごく狭く感じる」
「みんな、この指摘には共感しちゃうね。本当にどこの駐車場も狭過ぎる」
「それでなくても狭いのに、駐車枠を守らない非常識な人間も多い」
「運転席側からは降りられず、助手席に移って降りたことある人、いるよね?」

「うまく駐車しても無駄に文句を言われるのはこのせい。ドアを開けた途端、隣の車に必ず迷惑が掛かることになる」
「コストコの駐車場に行くと、広さのおかげで別世界かと思うよ」
「米国までは望まないけど、人がまともに乗り降りできるように作ってくれ」

「大きい車に乗ると駐車が嫌いになる」
「一度ドアを思い切り開けて降りてみたいなあ」
「妊婦はそもそも降りられない」
「国会議員が今までいかに仕事をしていなかったかの証拠だ」(翻訳・編集/吉金)