季節はすっかり秋。ファッション誌やデパートの店頭には秋色の服がズラリと並んでいますよね。秋といえば、カーキをはじめとした深みのある色が人気を集めますが、今年は特に注目したい“トレンドカラー”が3つあります。押さえていないと流行に乗り遅れてしまうかも!?

そこで今回は、今秋人気を集めているトレンドカラー3色をご紹介します。

■テラコッタにボルドー!今秋注目の秋カラー3つ

(1)テラコッタ

夏からじわじわと人気を集めているテラコッタ。テラコッタとは、イタリア語で“焼いた土”を意味する言葉で、文字通り土を焼いたレンガのような深くあたたかい色合いが特徴的です。このテラコッタが秋も引き続き人気を集めています。

ワイドパンツやスカンツで取り入れてみたり、タートルネックのニットで取り入れたりするのもおすすめです。派手すぎない色味なので、「カラーアイテムが苦手……」という人も比較的取り入れやすいです。

(2)ボルドー

深い赤紫の色合いが魅力的なボルドー。取り入れることで大人っぽく女性らしい雰囲気に仕上がります。黒やグレー、ホワイト、キャメルなど様々な色と相性がいいので着回し力が高いです。

ニットやカーディガンをはじめとしたトップスで取り入れるのもおすすめですが、今年は長めのプリーツスカートが人気を集めているので、スカートで取り入れるとグッと今年らしく仕上がります。

(3)キャメル

秋冬の定番カラーのキャメル。今年も人気を集めています。特にスエードやフェルト、リブをはじめとした素材が人気を集めています。色だけでなく、今年らしい素材を楽しんでみてはいかがでしょうか。

トップスやカーディガンなどで取り入れたり、今年注目の長めのタイトスカートで取り入れるのおすすめ。黒、グレー、ホワイト、ネイビー、カーキ、テラコッタなど、どんな色とも相性がよく、上品に見せることができる大人女性の強い味方です。

■まだ夏のまま?ヘアメイクの衣替えも忘れずに!

ファッションは秋物に衣替えをしているのに、ヘアやメイクは夏のまま……そんな女性も少なくありません。しかし、服は深い秋色を着ているのに、ヘアは明るめ、メイクはシアーで明るい夏メイクのままだと、顔と全身で季節や色合いがチグハグに!

ファッション、ヘア、メイクは三位一体です。ファッションを衣替えするなら、ヘアカラーもやや深めの秋色に、メイクも秋カラーへとシフトチェンジすることが大切です。

メイクは具体的に以下の衣替えを意識するのがポイントです。

(1)眉色をワントーン下げる

夏は明るい髪色を楽しんだ人も、秋は深い色のファッションに合うように髪色をトーンダウンさせるのがおすすめ。それと同時に意識したいのが眉色。最近は明るめの眉を好む人も多いですが、秋色の服を着るときは、明るすぎない色で描くのがポイントです。

黒やカーキ、ボルドーをはじめとした深い色合いのトップスを着るときに、眉色が薄いと顔全体がぼんやりしてしまい、顔がトップスに負けてしまいます。深い秋色の服を楽しむときは、髪色をトーンダウンさせ、眉もやや濃いめに描くのがポイントです。ただし、髪色よりも眉が濃くならないように注意してくださいね。

(2)チーク&リップを落ち着いた色味にチェンジ

夏はフレッシュなオレンジ系のチークやリップ、シアーな色味のものが人気を集めていましたが、それらの色合いは深い秋色や重めの素材の服とはミスマッチ。

例えばボルドーの服を着る場合はローズ系の落ち着いたチーク、リップを取り入れたり、キャメルの服を着る場合はベージュ系のチーク、リップを楽しんでみてはいかがでしょうか。チークとリップは色味の系統が近いと顔全体のバランスがとりやすいので、セットで色を選ぶようにするといいです。

(3)アイシャドウも深みのある色に

秋ファッションを楽しむときは、アイシャドウの色もチェンジして、目元に深みを出すのもポイント。カーキやボルドー、ゴールド系の落ち着いた色味のアイシャドウを使用するだけで、グッと大人っぽく仕上がります。

黄味よりの肌の人はカーキやゴールド系のアイシャドウがおすすめ。やや肌が青味がかっている人やピンクがかっている人は、ボルドーやグレー系のアイシャドウがおすすめです。

以上、この秋に人気を集めているトレンドカラー3色と、メイクの衣替えについてご紹介しました。早速、トレンドカラーを取り入れて、秋ファッションを楽しんでくださいね。

【関連記事】

アラサー以降の定番ブラウンに…待った!「くぼみ目」解消メイク技