3位結局高くついた…「100円ショップ」でアルアルなしくじり経験ベスト3

写真拡大

「店内を見ているだけで楽しい」「つい色々買ってしまう」など、100円ショップのイメージや利用の仕方は人それぞれですよね。

うまく使えば効果的ですが、『WooRis』の過去記事「無理だから!セコすぎて惨めになる“節約裏ワザ”」でもお伝えしているように、買い方によっては「うわっ、勘弁!」となるものも少なくないようです。

そこで『WooRis』では、461名の女性に「100円ショップで買い物して失敗した経験」に関する調査を実施。結果、たくさんの“100円ショップ失敗エピソード”が集まりましたよ!

今回は、この調査結果と筆者周辺の様々な職種の知人達の声などをもとに、“100円ショップでのお買い物失敗談”をランキング形式でお伝えします。

 

■第3位:「高くついた」「買いすぎた」(同率)

第3位は同率で二つ。「高くついた」「買いすぎた」がランクイン。一見お得に思えるけれど、質や容量を考えると、微妙な点が目立つという指摘が複数ありました。

「お菓子がお得に思えたが、実は大きさを変えてあったり、有名なお菓子に似た別のものだったり、色々な意味で微妙。これならスーパーで買う方がお得かな……」

「BBQ用に紙皿を購入。枚数が少ないので、結局高くついた!」

「安いと思って買ったら、他店でもっと安いものが見つかってガッカリ」なんて経験、一度はあるのではないでしょうか。

一方、「買いすぎた」パターンには、こんなオチが……。

「お得な気がして、色々買い込んでしまい、結局使わない無駄なものが増えた」

「子ども用にクレヨンと色鉛筆、ホチキスを買ったが、クレヨンは色がほとんどでない、色鉛筆は芯がすぐ折れる、ホチキスはすぐ壊れるわで、結局全て無駄に……」

買ったはいいけど、使わない(使えない)ので、無駄になってしまった人も複数いるようです。安いからといって初見でまとめ買いしてしまうのは得策ではないようです。

 

■第2位:「美容関連のトラブル」

第2位は、「美容品関連のトラブル」でした。百貨店で売っている化粧品の値段と比べると、かなりお得に見えますが、ふたを開けてみると、想定と異なったという声は少なくないようです。

「まつげをとかすコーム、100円ならと思ったけど、全くとけなくて驚いた。ここまでとけないのも凄いかも」

「ネイルリムーバーでマニキュアを落としたら、爪が白くなった」

「化粧品で肌がひりひりした」などのトラブルもあるようですが、化粧品については値段の問題でなく、自分の皮膚に合うものを使用するのが安全ですよね。

合わないようなら、勿体無いかもしれませんがきっぱりと捨てて、自分の肌にあうものを選びましょう。

 

■第1位:すぐ壊れる

堂々の第1位は、「すぐ壊れる」。特にキッチングッズを購入した人から後悔の声が多く聞こえました。

「かわいいテーブルクロスを購入。でも、熱い鉄板が少しあたっただけで、溶けた!」

「ラップを買ったが、すぐくしゃくしゃになってしまい、全然使えなかった」

「包丁が全く切れない。質は期待していないけど、それにしても、ここまで切れないものかと力を入れて切っていたら、あっさり刃が折れた」

100円ショップには便利なキッチングッズが豊富にあるので、思わず買ってしまう人も多いかもしれませんが、ものよっては耐久性があまり期待できないようです。

道具のようなものではなく、例えばお弁当のおかず仕切りグッズなど、使い捨ての商品を選ぶようにするなど、最初から“完全に割り切って使えるもの”を選ぶのが無難かもしれませんね。

 

■番外編

「トイレットペーパーが薄くて、すぐとけてしまい、使いにくい」「スポンジがすぐボロボロになる」「イヤホンが1回で壊れた」など、日用品に関する不満も多くみられました。特にホチキスに関しては、「秒殺だった」という意見が複数ありましたよ。

また、「それって初期不良なんじゃない?」と思われる意見もちらほら……。感じ方には個人差がありますが、化粧品同様、日用品も使い慣れたものを選ぶようにしたほうが安心かもしれません。

 

いかがでしたか?

うまく使えば節約に効果的ですが、がっかりで終わる可能性もあるのが“100円ショップ”。選びかたに気を付けつつ、楽しみながら、賢く利用しましょう。

(ライター 秦野理恵)

 

【関連記事】

※ 節約のつもりが…逆に!ドンドン貧乏になる人の「化粧中のクセ」4つ

※ アク取りも!「時短&節約」になるキッチンペーパーの使い方3つ

※ 特売品だとしても!節約どころか「浪費&無駄太り」してしまう買い物の仕方4選

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ これは衝撃!秋冬の●●をやめるとおこる「シミ・リバウンド」とは

※ 知らなきゃ離婚問題に!? 夫婦で要チェック「更年期の基礎知識と対策」

※ 成功者続出!ホンモノの水素水を使ったエイジングケアって

 

【画像】

※ kai / PIXTA(ピクスタ)