荒廃が進む万里の長城(Peter Dowley/Flickr)

写真拡大

 中国当局は、ユネスコ世界遺産に登録されている「万里の長城」の真下に、大型の高速鉄道の駅を作る計画を発表した。駅の建設で使用されるダイナマイトによる同遺産への影響が懸念される。長城では、ずさんな修復作業により現地当局者を処分するとの方針が伝えられたばかり。文化財保護の意識の低さが露呈している。

 この駅は、2022年に開かれる北京の冬のオリンピックで重要な交通となる高速鉄道の駅の一つ。万里の長城のなかで最も有名な観光スポット「八達嶺長城」の近くに建設することから、「八達嶺駅」と名づけられた。

 中国日報が伝えた計画によると、駅は、地下約100メートルの地点に作られる人工の洞窟のなかに3階構造で建造される。その面積はサッカーコート5面分に相当する3万6000平方メートル。建設計画トップは中国日報に「世界で最も深くて最も大きな高速鉄道の駅だ」と主張した。

 この高速鉄道は、2019年までに完成予定。 最高時速350キロの高速鉄道が開通すれば、北京から、五輪会場が建設される張家口まで約1時間で到着する。

 鉄道には10の駅が建造されるが、八達嶺駅が最も挑戦的な作りとなっている。険しい山々の地下をくぐり、さらに上部には700年前の歴史的文化遺産がある。

 駅建設にあたる技術部門長は「長城に影響を及ぼさないことを保証できる、世界でも最も先進の爆発技術を使う」と中国日報に話した。

 長城については最近、2013〜14年に行われた修復作業が非常にずさんだとして話題となった。象徴的なレンガ作りの壁がなくなり、単なる平たいコンクリ舗装の道路になった歴史的文化財の姿に、中国国内外から、当局の管理姿勢や保護意識の低さに批判が集中した。これを受けて、中国当局は、現地担当者を処分する方針を示した。

(翻訳編集・佐渡 道世)