屋根のある場所まで急いで走ろうと歯を食いしばるかわりに、肩の力を抜いて辺りを見渡す。すると、こんな景色が見えてくるかも。

『COLOR』 Photo by Marcin Baran.

写真は、ポーランドのフォトグラファー、Marcin Baranのもの。

「街や人を撮影していますが、ニューヨークやロンドン、東京に居る必要はありません。自分がいる場所でいいんです。シャッターを切るチャンスはどこにでも転がってるし、カメラはただのツールで、大事なのは自分の目ですからね」。

ほかに、こんな写真も。

『Productive waiting』Photo by Skander Khlif.

写真を撮ったのは、ドイツのフォトグラファーSkander Khlif。

車のワイパーが故障しており、大雨が降ったときに停車せざるを得なくなったのだとか。

Licensed material used with permission by Marcin Baran Photography,skander khlif