“女”として見ないで! 女性が嫌悪感を抱く上司の特徴

写真拡大

面倒だなと思う反面、仕事では頼りがいを感じさせてくれる上司。特別な感情を持っているわけでなくても「上司」として、ある程度は尊敬の気持ちを持っているものですよね。でも、そんな上司の嫌な一面を見てしまうことも。今回は「見たくなかった」と思った上司の一面について女性たちに聞いてみました。

■下心を感じた

・「かっこいいと思っていた上司が下心丸出しでプライベートのLINEを送ってきた」(29歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「性的な目で見てきたりすることや、上司の恋愛事情」(38歳/建設・土木/その他)

男性上司からプライベートなお誘いをされたり、部下としてではなく「女性」として見られたりすると、仕事もやりづらくなりそう。下手に断っても気まずくなるし、受け入れる気にもなれないしということで対応に困ることもありそうです。

■酔って乱れる

・「酔っぱらってセクハラ的な言動をする」(28歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「べろんべろんに飲みすぎて、愚痴を言いまくるところ」(39歳/情報・IT/クリエイティブ職)

社内の飲み会などで楽しく飲んでいるだけならいいけれど、酔いつぶれてしまったり、酔った勢いでセクハラしたりすると幻滅しそう。ストレスがたまっているのかもしれませんが、部下の前で恥をさらすのは止めてほしいですよね。

■部下に失敗を押し付ける

・「お気に入りへのひいき、仕事の失敗を部下に押し付ける、部下の手柄を自分のものにする」(38歳/小売店/販売職・サービス系)

・「部下の失敗に対して、自分のせいではないと逃げる姿を見たとき」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

上司であれば部下のミスにも責任を感じるのが普通。でも、ミスやトラブルがあったときに自分には関係ないと部下を守ることもなく逃げ出すような上司には、これ以上ついていけないと思ってしまいますよね。

■妻の尻に敷かれている

・「普段はかっこ良いのに隠れて奥さんに携帯で謝っている」(23歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「奥さんに殴られてキズを作って出勤してきたこと」(32歳/その他/事務系専門職)

職場では仕事がデキて信頼のおける上司。でも「妻の尻に敷かれる夫」な一面を見てしまうとそのイメージも崩れてしまいそう。妻を大事にしているとも言えますが、男性としてのカッコ悪い姿は見たくないですよね。

■お金に細かい

・「飲み会などで多めに出さずにきっちり割り勘したとき」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「会費制の飲み会で、こっそりクーポンを使って、かつポイント目的で自分のカードを使って払い、自分だけ得をする」(31歳/学校・教育関連/専門職)

上司だからおごれとは言わないまでも、お金に細かすぎる一面を見せられるとドン引きしてしまいそう。自分たちよりも給料をもらっているはずなのにと思うと、ケチ臭い上司としか思えませんよね。

■女性関係のトラブル

・「頼りにしていた上司が、上層部の子女と不倫をしていたこと」(39歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「奥さんや恋人、愛人など女性関係でのトラブルのある一面」(26歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

女性関係のトラブルを社内に持ち込むというのは、社会人としても常識のない行動。家庭内の問題、不倫など男女の間にはいろいろとあるでしょうが、プライベートと職場とはしっかりと分けてもらいたいですよね。

■まとめ

こういうところは見たくなかったと思う上司の一面。みなさんは、同じような経験がありますか? 普段、その上司に対して好印象を持っていればいるほどカッコ悪い面や器の小ささを感じるような部分は知りたくないものだし、それが原因で幻滅することもありそう。上司には部下に見られていることを意識した言動を取ってもらいたいですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数208件(22歳〜39歳の働く女性)