携帯やデジカメでOK!料理をおいしそうに撮る簡単テク

写真拡大

ブログやインスタグラムにUPする料理写真。家やレストランの室内で撮った時、暗かったり、見たままの色に写せない……なんてお困りではありませんか?
­
ここでは、携帯電話のカメラやデジカメを使って、誰でもすぐに美味しそうな写真を撮れるコツを紹介します。特別なアプリも器材も必要ないので、お金もかからず簡単です。料理は基本的に逆光で料理写真は自然光で撮るのが理想。窓の近くなど光が差し込む場所で、逆光で撮ると明るく美味しそうに写ります。直射日光が強すぎると色が飛んでしまうこともあるので、その場合はちょっと日陰に移ったり、カーテンで遮光するなどしましょう。
­
こちらの写真は自然光&逆光で撮影したもの。色が鮮やかでくっきりしていますね。
­
下の写真は同じ写真のNG例。
­­
逆光ではなく順光(被写体の正面から光があたっている状態)で撮ると立体感が感じられませんね。料理に手前から光が当たっていたり、左右の光が極端に強いと、白く飛んだりして見たままの色が出ません。「あるもの」を置くだけでキレイに!­
ただし、自然光の逆光で撮ると、お皿の手前が暗く陰になってしまいがち。その場合は「レフ板」代わりになる白いものを置くだけでグンと明るくなります。
白いノートやチラシの裏など、白ければ何でもOK。このテクニックは証明写真などにも使え、膝に白い紙やストールを置くだけでも顔が白く写ります。
­
レフを置かないと手前が暗くなってしまいます。手が写り込まないよう、うまくレフを当てましょう。大きなお皿は周りを捨てるフレンチなどオシャレなお店で多いのが、大きなお皿に盛りつけられた料理。でも、お皿を全部入れると、なんだかショボい見た目に……。
­
確かにお皿は素敵だけれど、料理をメインにしたいので下の写真のように周りをカットしてしまいましょう。
­
美味しそうな部分にグッと寄って、アップで料理を撮った方が、伝えたいことが分かる写真になります。リフトに挑戦!­
ラーメンやパスタの写真で、麺などを持ち上げる「リフト」。臨場感が出て素材の形状も分かりやすいですね。これをデジカメでする場合は、左でカメラを持って右手(利き手)を使ってフォークなどで素材を持ち上げるとブレずに撮影できます。手間はかかるけれど、印象に残る一枚になるので頑張ってトライしましょう。いろいろなアングルで撮ってみよう!­
高さのあるボリューミーな料理が出てきたら、上のような普通の斜め俯瞰構図だけではもったいない気がしますね。そんな場合は、アングルを変えて撮ってみると雰囲気が変わります。牛テール肉のワイン煮込みを、色々な角度で撮ってみます。
­
まずは真上から雑誌風に。こうすると、ボリューム感は伝わらないですがオシャレな印象になります。中央に置かず左右にふるのも手です。
­­
真横から、ワインや背景を後ろにボカして撮るとまたグッとイメージが変わります。高さのある料理はボリューム感が出ます。
­臨場感を出す料理が来たらすぐに食べたいのをちょっとこらえて、もっと美味しそうな一枚を目指しましょう。牛テール肉の煮込みは、外見からはどんな料理か伝わらないので、フォークで切って中を見せました。
­
今から食べるぞ!というワクワク感が伝わり、なおかつ牛肉が柔らかくとろける感じもよく分かりますね。ゴチャゴチャをスッキリさせようテーブルの上に、おしぼりやシュガーポットが載ったまま撮影すると料理が目立たなくなります。NG例がこちら。
­
すぐに食べたいのを我慢して、テーブルの整理をするだけですっきり。デザートの場合はコーヒーも入れると雰囲気が出ます。
フォークやスプーンも、テーブルにあると違和感がありませんが、写真に入れると場所を取ったり、存在感が出すぎてしまったりすることがあります。一度よけて撮影してみて、画面が寂しいかったら入れるなど工夫を。­

最近では色々なアプリも登場しているので誰でも簡単にキレイな料理写真が撮れますが、それ以前にアングルや画面の切り取り方など構図は大事です。また、お店で撮る場合は一言声をかけたり、同行者がいる場合は食事を妨げたりしないよう、マナーを守ることが重要です。

­
­