野生のガラパゴスゾウガメ

写真拡大

南米エクアドル沖のガラパゴス諸島で、100歳を超えるオスのゾウガメが一代で子孫800匹を残す絶倫ぶりを発揮、種を絶滅から救う「英雄的行為」として称賛を集めている。

2016年9月26日付AFP通信が報道した。

60歳から6匹のメスと子作りを始めた「ディエゴ」

AFP通信によると、このゾウガメは同諸島のサンタクルス島にある繁殖センターで飼育されているエスパニョーラゾウガメの「ディエゴ」(推定年齢100歳超)。かつてガラパゴス諸島には島ごとに異なる種類のゾウガメが多数生息していたが、乱獲により多くが絶滅した。エスパニョーラ島原産のエスパニョーラゾウガメも約50年前にはオス2匹、メス12匹にまで激減した。

そこで1976年、当時推定年齢60歳前後のディエゴが「種オスガメ」として米国カルフォルニア州サンディエゴ動物園から来島した。そして、6匹のメスを相手にせっせと子作りを開始、計800匹もの子孫を残した。現在、ガラパゴス諸島全体に棲んでいるゾウガメは約2000匹といわれるから、40%近くがディエゴの子どもたちということになる。

同じく60歳に2匹のメスをもらった「ジョージ」

ガラパゴス諸島にはかつて、ディエゴより有名なオスのゾウガメがいた。ゾウガメが絶滅したと思われていたピンタ島から60年ぶりに発見されたピンタゾウガメの「ジョージ」だ。1971年のことだ。当時、推定年齢60歳。最後の生き残りだったため「ロンサム(さみしい)・ジョージ」と名づけられ、「ウィキペディア」にも1項目がある。ロンサム・ジョージには近縁種のメスが2頭あてがわれたが、老齢のためか興味を示さなかった。2012年6月24日、推定年齢102歳で、一人ぼっちで死んでいるのが発見された時、AFP通信をはじめ多くの外電が追悼記事を全世界に流した。

ロンサム・ジョージもディエゴも同じ60歳前後から繁殖活動を開始したが、片や1匹も子孫を残さず、種は絶滅、片や800匹の子孫を残し、種は繁栄。「男子の本懐ここに極まれり」――。