『ワンパンマン』1巻(ONE、村田雄介/集英社)

写真拡大

 2015年にアニメ1期が放送され、日本のみならず全世界で人気を集めたアニメ「ワンパンマン」。今回、遂にファン待望の2期制作が決定したことで「ワンパンマン2期嬉しすぎーーウワアアアアーー!!」「またあのやりすぎ作画が観られるのか。胸アツ!」「サイタマ先生にまた会える〜〜〜」と興奮の声が飛び交っている。

 同作は、“WEB界のカリスマ”ONEが自身のHPで掲載していたWEB漫画『ワンパンマン』が原作。どこか力の抜けた脱力系の絵と、文字以外手書きで描かれたWEB漫画は爆発的人気を集め、累計1,000万人以上が閲覧したという。また、2012年からは小学館のウェブコミック配信サイト「裏サンデー」で単行本化、アニメ化も果たした『モブサイコ100』も連載中。

 さらに、ONEと共に『ワンパンマン』単行本化を担当したのは、『アイシールド21』でその圧倒的な画力により多くの評価を集めた村田雄介。この2人の組み合わせが実現したのは、ウェブ連載時から「ワンパンマン」のファンだった村田が、ONEに直接声をかけたのが始まり。「奇跡のコラボレーションだろ」「ゆる〜い雰囲気を失わずに圧倒的画力でワンパンマン描く村田先生半端ないな」「これはとんでもない漫画だぞ…」と大きな話題を集めた。

 同作は、日本にとどまらず海外でも多くの人気を得て、英訳コミックはアメリカ「NYタイムズ」漫画ベストセラーリストで毎週のようにランクインし、ファンによる『ワンパンマン』を題材とした動画が海外でも多数作られている。

 そんな大人気作のアニメ2期は、2016年9月25日(日)に行われた「ワンパン秋祭り」にて発表された。サイタマ役の古川慎は「1期の収録が終わって、『早く2期がやりたい』と思っていた。皆さんが頑張ってくださったおかげで、2期が決定してすごくうれしい。ワクワクが止まりません」とコメント。ONEと村田も自身のTwitterで「うれしー!」(ONETwitterより)「やったあああああああああああああああ!!!!」(村田Twitterより)と喜びの声をあげている。

 今後の情報は公式サイト&Twitterで発信されていくということなので、見逃さないようにチェックしつつ、サイタマのこれまでの活躍を振り返ってみてはどうだろうか。

■アニメ「ワンパンマン」
原作:ONE、村田雄介