どんなに大きい夢や達成困難に見える目標でも、まずは「絶対にできる」「やるぞ」と信じるところがスタート地点です。でも現実は失敗ばかりで、くじけそうになることもあるでしょう。

そこで「Elite Daily」の記事から、夢を叶えるために、毎日ちょっとずつでも意識したい「12の習慣」を紹介します。大切なのは、幸せや成功を「引き寄せる」こと。そのために、今日からでもできることとは?

01.
とにかくポジティブに

最初は空元気だっていいんです。明るく笑顔で、毎日を過ごしてみよう。誰だってしかめっ面の人より、笑顔の人に話しかけたいもの。そんなところからチャンスが生まれるかもしれないでしょ?

02.
誰かのマネじゃなく
本当の自分でいる

ロールモデルを持つのはいいことですが、すべてが受け売りになってしまうのは考えものです。誰かが「いい」という夢やポリシーより、自分が「いい」って思うものを追いかけたいですよね。

03.
人にもモノにも
感謝の気持ちを

家族、友人、恋人、同僚、上司、親切にしてくれた見知らぬ人、家、仕事、食べ物、洋服…すべてが「当たり前」だと思ってしまってはいけません。

04.
ヒラメキを大切に
直感に従う

私たち人間にも、きっと動物的なカンがあるんです。うまく理由は説明できなくても「これをやるべき」って心から思うことがあるなら、思い切って挑戦してみよう。

05.
心強い応援団をつくる

本当に信頼できる人たちには、自分の夢をちゃんと語りましょう。行き詰まっているときや諦めてしまいそうなとき、きっと背中を押してくれるはずです。あれだけアツく語ったからには頑張らないと、とガッツも湧いてくるはず。

06.
「でも・ムリ・どうせ」は
言わない

言葉の力って、思っているよりもずっと大きいもの。ネガティブな発言を繰り返す人には、何かを任せたいとは思えません。せっかくのチャンスを逃さないように、さっそく今日から気をつけてみましょう。

07.
失敗の責任は自分でとる

新しいことや難しいことに取り組むのだから、失敗するのは当たり前です。そこから何かを学び、何度だって挑戦すればいいんです。大事なのは、失敗を人のせいにしないこと。そこが徹底している人に、運は味方してくれるんです。

08.
心配やストレスは
楽しみながら攻略する

心配事があるなら、それを取り除くためにはどうすればいいか考えましょう。一歩引いて他人事のように捉えたり、あえてゲーム感覚にしてみるのも手です。見事どん底ステージをクリアできたら、アナタの勝ちと言っていいでしょう。

09.
学校だけじゃなく
世界中を自分の教室に

勉強は、学校や本だけでするものだと思い込んでいませんか?料理も、掃除や洗濯も、同僚との飲み会も、日々のデータ入力も、「新しいことを発見するぞ」と決めて、いつもと視点を変えれば、たちまち学びの宝庫になるでしょう。

10.
「いいところ探し」の
プロになる

初めて会う人を前にして、あなたは「服のセンスが全然ない人だな…」と思いますか?それとも「口角が上がっていて感じのいい人だな」と思いますか?

できることなら、いつだって後者でありたいところですよね。人のいいところを見つけられる人の周りには、きっと味方や仲間になってくれる人も多いはずだから。

11.
粘り強くあれ

夢を叶える人の多くは、普通の人が諦めてしまうところで諦めなかった人たちです。どんなに壁が高くても、信じれば信じるほどチャンスはやってくるもの。

12.
勇気を与える存在になる

まだ夢を叶える段階にはいなくても、夢に向かってまっすぐ進んでいる人の姿は、少なからず周りの人にプラスのエネルギーを送っています。挑戦する姿が、大切なパートナーや、まだ見ぬ仲間たちに夢を与えられるような人になりましょう。

Licensed material used with permission by Elite Daily