大勢のお客さんの前で歌うロックスター。さぞかし気持ちがいいでしょうね!そんな姿に憧れたことがある人も多いでしょう。

そんな思いを察してか「誰の中にだって、ロックスターの心は眠っているんだ」と、VRを用意したのは、「ハイネケン」でした。

さっそく個室に入って、VRのヘッドセットをつけると、目の前にはヴァーチャルの観客たちが見えてきます。心を解き放ち、歌い、ここぞとばかりにスター気分を味わう人たち。

これは気持ちよさそう!

マイクを片手にVRのヘッドセットをつけます。

目の前には、あなたの歌を待ちわびている観客の姿が!

ノリノリ!心も体も開放感に溢れています。ここは思いっきりファンの熱狂に応えて歌います。

じつはリアルなお客さんが…

ところがこの部屋の外には、壁を一枚隔てて、一般の人たちの姿。

ヴァーチャルな世界で熱唱している、と思っている彼ら。目の前にあるのはただの壁だと…。

なんとその壁がひらき、目の間にはリアルな観客がスタンバイ!ちなみのこの段階ではまだVRのヘッドセットをつけているので、気付かないまま熱唱中。

さらに隣にはスイスの人気ロックバンド「77 Bombay Street」。これにはただのドッキリかと思っていた観客も大興奮!

知らない間に、リードボーカルのMattと共演。

ウソでしょ?

マスクを取ると、自分が本物のロックスターと一緒に、ステージ上にいることに気がつきます。「え、 VR体験じゃなかったの?」

「きゃーー!」

コンセプトは
「Open Your World」
(世界を開こう)

ヴァーチャルだと思っていたことを、じつは知らないうちに実体験していた、というオチ。

でも、最初から本当のことを知らされていたら、あれほど自由に歌ったり踊ったりできなかったはず。

「Open your World(世界を開こう)」をブランドコンセプトにしている、ハイネケンらしい粋な計らいでした。

Licensed material used with permission by Heineken,Equipe