牛や豚のヒヅメは犬にとって健康に問題あり

牛や豚のヒヅメは、ごく普通にペットショップやホームセンターなどで売っていてますよね。

その使用目的は歯磨きやストレス解消用、または噛ませて遊ばせるために与える場合が多いとされていますが、しかし、ヒヅメをワンちゃんに与えると事故に繋がる場合が多々あるということを知っていますか?
全てのワンちゃんに当てはまる訳ではありませんが、問題の発生率が高くなるのは事実です。

ズバリ!牛や豚のヒヅメは”硬すぎる”のです。
ヒヅメを噛み続けて歯が割れたワンちゃんが結構いるそうで、そのせいで全身麻酔の治療をするはめになった例もあるらしいですよ!

なんと!それだけではありません!
噛んで食べられる大きさになったヒヅメを丸飲みしてしまい、腸閉塞になったワンちゃんもいるそうです。
ですから犬にとって【健康に問題ある】牛や豚のヒヅメは与えるべきではないと思います。

犬の歯は人間より弱い

犬の歯は硬くて強いと信じていらっしゃる方は多いと思いますが、実は【人間より弱い】のです。
一番硬いエナメル質が歯の表面を覆っていますが、犬はそのエナメル質が人間の1/5しかないそうです。
そのためヒヅメの様な硬いものを噛むと、歯の表面のエナメル質が剥がれてしまい逆に歯を弱くしてしまいます。
そして犬は夢中になると加減が出来ません。
その結果、歯が割れたり折れたりするのです。

また象牙質が削れていると歯髄(血管や神経の通っている軟らかい組織)が露出してしまいますので、その場所から細菌が侵入してしまい血液の循環により全身に黴菌が回って行きます。
そうなると更に恐ろしい病気になり、命に係わる可能性も出て来ます。

知らされていない危険性

これは私の愛犬がお世話になっている動物病院の獣医師が言っているのですが、
「ヒヅメで歯を破折する犬が最近かなり増えて来ている」
「それは多分、玉ねぎやチョコレートの様にそれ自体に中毒性があるわけではないので、昔からその危険性について全く知らされる事なく市販されている」
「そのため飼い主が愛犬のためによかれと思って積極的に与えているから増えている」
と力説されていました。

私達の様な一般人は、そこまでは考えられないですからね。
これは出来ればの話しなのですが、私の場合は獣医師に『報連相』を活用してコミュニケーションを取っています。
報連相とは報告・連絡・相談の意味です。
これをする事で獣医師は愛犬の強力な守護神となってくれます。

破折した歯は人間と同じで修復不能です。
更に殆どのケースが全身麻酔による抜歯となるそうです。
この様に、私達は極端に硬い物を与える事の危険性を知らずに牛や豚のヒヅメを購入しているのです。
販売側も、もう少しペットの事を考えて営業して欲しいものです。

犬の歯を過大評価し過ぎている

私達は犬の歯を過大評価し過ぎています。
犬の歯は【シザースバイト】と言って、肉を噛みちぎり、飲み込める大きさに切る鋏としての機能が主たるものです。
硬い物を鋏で切ろうとすると【刃こぼれ】が起きますよね?
犬の歯でもそれと同じことがおこるのです。

犬は歯が強いのではなく顎が強いのです。
強い顎で人間より弱い歯を使って硬すぎる物を思い切り噛むのですから、歯が損傷するのもごく自然な事でしょう。
ですから硬い物を食べさせる前に、必ず獣医師に相談する事をお勧めします。

まとめ

この記事を書こうと思ったのは、つい先日、愛犬の遊び相手であるワンちゃんが、牛のヒヅメをカジっていて奥歯が割れたと飼い主さんから聞いたからです。

以前、私の愛犬も牛のヒズメをカジカジさせていた時期がありました。
数日間で歯茎から少しですが出血が見られましたので直ぐに捨てました。
そんな事もありましたのでヒヅメを与える危険性については知っていました。

それに、牛のヒヅメは臭いです。
この臭いニオイが犬にとっては魅力なのでしょう。
乾いている時はそうでもないのですが、噛んで濡れて来ると異様に臭くなります。
何と言いましょうか、牛糞と言うか牛舎のニオイと言うのでしょうか、とくかく臭いです。
その臭い牛のヒヅメを散歩に行きたいがために、愛犬は私を起こそうと早朝4時頃に私の顔の上に置いて行くのです。
これはとても臭くて寝ていられません。
これも捨てた理由の一つでもあります。
ヒヅメを与える時に私が嫌な顔をしますので、私がヒヅメを嫌っている事を愛犬は知っていた様です。
それで私を起こす手段としていたのだと思います。
まぁ、これは余談ですが^_^;

ヒヅメの様な極端に硬い物は、歯垢や歯石を除去する効果が多少あるかも知れませんが、それよりも犬の歯に決定的なダメージを与えてしまいます。
ですので硬い物は、愛するワンちゃんに絶対与えてはいけません。
他にも歯磨き用オヤツなどがありますが、それらは消化の面で問題がありそうです。
おやつタイプではなく、歯磨きロープの様な歯に食い込んで行く玩具タイプの方が安全でデンタルクリーニング効果が期待できるのではないでしょうか。

自分の家族である愛犬を守るために、何を与えるにしても、下調べと信用できる獣医師の判断を得てからにしましょう。