皆さんの愛犬の冬支度は整っていますか?

本来、犬は被毛で体温調節を行う動物で、特に寒い国原産の犬種では、冬にはフワフワとした暖かい毛に生え換わることで厳しい冬を乗り越える動物です。
しかし、エアコンの効いた部屋で私たちと過ごすことが当たり前になった現在、犬の体感温度を管理するのは飼い主さんの大切な役目となっています。
愛犬と健康に冬を過ごすために必ず知っておきたいこととやっておきたい寒さ対策とは?

犬が感じる寒さや乾燥について

犬が普段生活をするのは、低い位置で私たちの足元や地面に接しているところです。
こういった低い位置は冬場の冷たい空気が溜まりやすく、お腹の毛がとても薄い犬は下からくる寒さをより敏感に感じ取るため、私たちが想像する以上に寒さを感じていると思われ、寒さが原因となって様々なことが起こると考えられます。

病気

寒さによる飲水量の減少は、尿を濃縮させ結晶や結石など泌尿器系の病気の要因となり、喉の渇きに鈍感になる高齢犬では特に注意が必要です。フードをふやかして与える、缶詰タイプのフードを混ぜる、すぐに水が飲めるよう家の中の給水ポイント増やすなどして飲水の機会を増やしましょう。

暖房器具による肌の乾燥や低温やけど

寒いからといって長時間にわたりファンヒーターなどの風の吹き出し口付近に犬を近づけることは、肌の乾燥を招き、温風にあたり続けることによる低温やけどの危険性があります。

鼻やのどなどの粘膜の乾燥

鼻やのどなどの粘膜が乾燥すると細菌やウイルスへの抵抗力が弱くなります。加湿器を利用して部屋の乾燥を防ぎましょう。

犬種による寒さの感じ方の違い

犬には、チワワやヨークシャテリアなどの小型犬からセントバーナードやグレートデンなどの大型犬まで様々なサイズの犬種が存在しています。
この体のサイズの違いは、体の成長スピードや寿命だけでなく寒さ対策にも大きく影響しています。体の小さい小型犬の方が地面からの距離が近くなり足元からの冷えに対してより敏感になるため、大型犬よりも寒さに弱い犬種が多く存在します。

また、犬は種類によって毛の生え方が異なっており、長くかための毛(オーバーコート)のみが生えているシングルコートの犬種(ヨークシャテリア、シーズーなど)と、オーバーコートの下にやわらかく短い毛(アンダーコート)が生えているダブルコートの犬種(サモエド、シベリアンハスキーなど)がいます。ダブルコートの北方原産の犬種などでは、比較的寒さにも強いと言われ毛の生え方によっても寒さの感じ方に違いがあり、寒さ対策も変わってきます。

その他、病気で毛が薄くなっている犬や原産国が暖かい国の犬種、耳が多きく放熱しやすい犬種(チワワなど)、幼犬、病中病後の犬、老犬ではより寒さを感じやすくなります。

寒さ対策の具体的な方法

寒がっているサインについて

寒さ対策をするにあたり、犬が寒がっているサインについて事前に知っておくことが大切です。

ブルブルと体を震わせている体を小さく丸めているずっと寝ている、じっとしている散歩に行きたがらない普段より飲水量が減っている

※逆に暑がっているときは、舌を出してハァハァとあえぐパンティングがみられます。運動直後でもないのにこのようなあえぎが見られる場合は、暖房が効き過ぎていたり、衣類を着せずぎているかもしれません。

犬も私たちと同じように寒さを感じると体の動きが鈍くなり、散歩に行きたがらないときがあります。
しかし、外に出て適度に運動させることは、犬たちの健康を守る上でとても大切なことであり、運動量が減少すると喉も乾かなくなるため飲む水の量が減ります。
上記でも述べた通り、飲水量の減少は泌尿器系の病気にかかるリスクをあげることが考えられます。日中の暖かい時間帯を見計らって外へ連れ出すなど積極的に運動をさせることが大切です。
高齢の犬で、関節疾患やその他体の不調などがみられる場合は、獣医師に相談の上で無理のない散歩を心掛けるようにしましょう。

散歩時の寒さ対策

シングルコートの犬や普段から寒さを敏感に感じてしまう犬では、洋服を着せることで寒さ対策をすることができます。最近では、様々なデザインやタイプの洋服が販売されていますが、寒さ対策として洋服を選ぶにあたってはいくつかのポイントがあります。

ウールやフリースタイプなどの1枚で暖かく着れるもの毛が薄いお腹まですっぽり包んでくれるものトイレの邪魔にならないもの

基本的に、この3つのポイントをクリアしたものであることが防寒をするための洋服を選ぶ上で大切なことです。中には、重ね着をさせたいというオシャレ上級者な飼い主さんもいらっしゃいますが、重ね着は、動きを制限しやすく、それが犬にとってストレスとなることが考えられますので残念ながら避けて頂きたいところです。
どうしても重ね着をさせたい…という場合には、重ね着風のデザインをしたものを選んで頂くようにし、基本的には1枚で暖かく着れるものを選び、寒さ対策するようにしましょう。

室内での賢い暖房器具の使い方

エアコン

部屋全体を温めてくれるエアコンは寒さ対策できるとても便利な暖房器具と言えます。
しかし、天井近くに設置されるエアコンは、普段犬が生活する床付近にまで温風を届けることが難しい場合があり、エアコンを付けていても床付近は冷え切っているということが少なくありません。サーキュレーターなどを併用し空気をうまく循環させることで温風を犬がいる床付近にまで送り温めてあげましょう。

ホットカーペット・床暖房

床付近で生活する犬にとって下から温れる暖房器具は、ある意味寒さ対策にぴったりのものと言えるかもしれません。しかし、過度に温めることで暑くなってしまい犬が逃げ場を失うことが考えられます。ホットカーペットの場合は、床面積よりも小さいサイズのものを使用したり、床暖房の場合には、床にすのこをひいたり、ソファーに乗れるようにしておくことで必ず暑くなったときの犬の逃げ場を設けておくことが大切です。

ストーブ

電気はもちろん、石油ストーブなど火を使ったタイプもあり、寒さ対策には効果的です。しかし近づき過ぎることで火傷をおう危険性が高くなります。必ずストーブガードを利用するなどし犬の過度な接近には気を配るようにしましょう。

こたつ

中に入ったまま出てこれなくなってしまったり、中で眠ってしまうことで熱中症になる危険性があるためおすすめできるものではありません。飼い主さんがお家にいるときは犬が中に入らないようにし、犬にはペット用のものや他の暖房器具を準備して寒さ対策してあげましょう。

エコで安全な保温対策について

家を留守にするとき、エアコンやホットカーペットなどの暖房器具をつけたままにすることに不安を感じる飼い主さんは少なくありせん。
そんなときにエコで安全な寒さ対策として湯たんぽを利用することをおすすめいたします。
布でくるんだ湯たんぽを犬用のベットに入れておきましょう。布を破るようないたずらの心配がある犬にはケージやサークルの外に立てかけるようにくくりつけておきます。
ケージやサークルをいらなくなった布で覆うことですきま風を防いで保温効果をアップさせることができます。

外飼いの犬には、ハウスの下や横に発泡スチロールを貼り付けます。出入り口にビニールカーテンをつけると保温効果がさらにあがります。いたずらが心配される犬の場合は、発泡スチロールの上から木の板を貼り付けておきましょう。

まとめ

犬の寒さ対策についていかがでしたか?
犬が快適に過ごせる環境は、室温20℃、湿度40〜60%と言われています。
私たち人間目線では、犬がどのように寒さを感じ、そのことによってどのような影響を受けているのか直接知ることはできません。
普段から犬目線の高さにも温湿度計を設置したり、ときにはしゃがみこんで犬と同じ目線に立ったりすることで、犬が生活するスペースの環境を知り、犬種やその特徴に合わせた対策することが大切なのです。