冷蔵庫の整理や掃除が金運アップのカギ

写真拡大

 これから秋が深まってくるが、今年の秋はどんなことを行っていくと運気アップにつながるのか。風水研究家の直居由美里さんに自宅で秋にすべきことを聞いた。キーワードは「冷蔵庫」だという。

 * * *
 現代の日本の夏では、冷蔵庫なしで暮らすことは考えられません。猛暑中、大活躍した冷蔵庫をすみずみまで掃除して、秋の味覚を入れましょう。

 一日に何度も開け閉めする冷蔵庫の扉周辺は、かなり汚れています。風水では汚れ=邪気。そんな冷蔵庫から取り出した食品を食べ続けているうちに、運気が下がってしまいます。キッチン用の消毒洗剤を使って拭いて、手垢もすっきり取りましょう。

 家族の目に留まりやすいように冷蔵庫の扉に予定表やメモをマグネットで貼りつけている人が多いのですが、これも風水的にNGです。

 風水が生まれた古代中国は農耕社会ですから、食べ物は何よりも貴重であり、一家に財をもたらすものでした。そんな大切な食べ物を保管する場所は心して選び、盗まれないように気を配ったものです。

 現代社会では、お金さえ出せば食材は手軽に入手できますから、つい冷蔵庫も便利な箱ぐらいに考えてしまいがちですが、冷蔵庫がぐちゃぐちゃになっている家は、金運にも恵まれていないことが多いのです。

 まずは、扉を伝言板代わりに使うのをやめ、メモを外しましょう。どうしても貼っておきたい大切な情報は、冷蔵庫の側面に整然と貼るようにしてください。

 また、意外と見落としているかたが多いのが、冷蔵庫の上下です。

 身長より高い冷蔵庫を使っていると、上にホコリがたまってもそのままにしがちです。コンロからの油を含んだ煙と合体して、ひと拭きしただけでは落ちません。キッチン用の強めの洗剤を噴き付け、しばらく放置して汚れをゆるませてから、拭き取るようにしましょう。掃除を怠っていると、ホコリの下に大切な食料を保存していることになります。この機会にぜひきれいにしてください。

 冷蔵庫の上に電子レンジを置くと、水の気と火の気が衝突してよくありません。冷蔵庫の上しか置き場所がないのなら、木製の板をはさみましょう。気の流れがスムーズになります。冷蔵庫の下にもホコリがたまっています。取扱説明書を見て、足カバーをはずして掃除しましょう。

 外側がきれいになったら、庫内の整理です。消費期限が切れた食材を入れっ放しにしていませんか? 特に冷凍庫は、何年も前にフリージングした正体不明の食材が放置されがちですから気をつけましょう。

 ケチャップやソースなど、調味料の液だれは、そのつど拭き取ること。涼しい日が来たら、棚やドアポケットを取り外して丸洗いしましょう。

 冷蔵庫に入れる食材や調味料は定位置を決めておくのが理想的です。フタ付きの器や収納ケースを上手に活用して、整然と並べましょう。

 どこに何が入っているかがひと目でわかるようにしておけば、扉を開ける時間が短くなり、冷気が逃げてしまうことも少なくなります。

 きれいになった庫内には、この秋のラッキー食材を入れたいもの。9月の九星盤の中央には、四緑木星、10月には三碧木星が入っています。キャベツやブロッコリーなど四緑と三碧を象徴する野菜が幸運をもたらします。

 一方、年盤の中央に入っている二黒土星のラッキー食材であるきのこ、豆腐、厚揚げなども積極的にメニューに取り入れてください。

※女性セブン2016年10月13日号