28日、中国のポータルサイト・今日頭条は中国人が自動車購入時に見せる5つの悪い癖について伝える記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は中国の自動車販売会。

写真拡大

2016年9月28日、中国のポータルサイト・今日頭条は中国人が自動車購入時に見せる5つの悪い癖について伝える記事を掲載した。

記事によると、自動車購入時の悪い癖とは、とにかくメンツを気にするので大きな車を選ぶこと、デザインばかり気にして安全装置には全く興味がないこと、お金がないのに高い車を買おうとすること、内装を気にするものの操作性は気にしないこと、中古車を買いたがらないことの5つだ。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「大きい車が好きで何が悪い」
「大きい車は駐車スペースを見つけるのが大変」

「安くて装備が良くて大きい車といったら中国メーカーしかない」
「俺は博打をしない。だから中古車は買わない」

「中古車を買いたがらないのは、買っても使えなくなるのではないかとの不安からだ」
「中国メーカーの新車だって信用性が低いのに、中古車なんて言ったらなおさらだ」

「この国そのものがメンツを気にして実務がなっていない国だからな」
「お金がないのに大きくて内装のきれいな車を買いたがる車の初心者は、なんちゃってSUVを買う」

「車を買うのは便利だからであってメンツのためではない。これはあまりに浅はかすぎる分析だ」
「自動車はぜいたく品だ。一部の人はお金がないのにメンツのためだけに買い、ほとんど家に置いておく飾りになっていて、維持のためにお金をかけている。愚かな消費行動だと思うよ」(翻訳・編集/山中)