3つの素材をいかしたあんパン

写真拡大

Pasco(敷島製パン)は、「国産小麦のつぶあんパン」を2016年10月1日より、関東、中部、近畿、中国、四国地区にて発売する。

使われている小麦は「ゆめちから」。タンパク質の一種である「グルテン」を多く含み、パン作りに適した強力粉よりもさまざまな特徴のパンを作ることができる超強力粉となる。

隠し味に酒粕の粉末を入れて作った「しっとり」とした生地に、北海道十勝産特別栽培小豆のつぶあんを包んでいる。国産八重桜の塩漬けをトッピングしており、つぶあんの甘さと塩漬けの塩味、そして桜の風味が生地によく合うように仕上げたという。

参考小売価格はオープン価格。