”ディズニー・ハロウィーン”花絵巻 ©Disney 撮影 / YOSHI

写真拡大

東京ディズニーランド・東京ディズニーシーでは、2016年9月9日から10月31日まで、スペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」が開催されています。

写真14枚「花 Hana」”ディズニー・ハロウィーン”花絵巻 2016ランチ フォトギャラリー

このイベントに合わせて、ディズニーアンバサダーホテルにある、日本料理レストラン「花 Hana」でも、限定メニューが提供されています。

今回は限定メニュー「”ディズニー・ハロウィーン”花絵巻」について、気になる食事の内容と、お得に食べられる情報をご紹介します。

ディズニーホテルで唯一の、日本料理レストラン「花 Hana」

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの、ほぼ中間地点にあるのが、ディズニーアンバサダーホテルです。

ここには、ディズニーホテルで唯一、和食を扱うレストラン「花 Hana」があります。

「花 Hana」では、ランチ・ディナーで、ハロウィーン限定メニューを提供しています。

その中でも、今回はランチ限定の「”ディズニー・ハロウィーン”花絵巻」をご紹介しましょう。

素材本来の味が生きる「一の膳」

「”ディズニー・ハロウィーン”花絵巻」は、一の膳、二の膳、デザートに分かれています。

一の膳には、前菜盛り合わせ(翡翠茄子ゼリー寄せ・人参カステラ・鯖の棒寿司)と、お造りが盛り付けられています。

翡翠茄子ゼリー寄せは、なすに加えてオクラなども入っており、しょうがのさっぱりした味わいが、口に広がります。

人参カステラはコウモリの形になっており、ハロウィーンの雰囲気を感じさせてくれます。

おばけの形をした大根は、だしの味がしみ込んでいて、とても優しい味に仕上がっていますよ。

鴨南蛮そばも楽しめる「二の膳」

次に二の膳を見ていきましょう。

二の膳には、鶏の難波焼き、天婦羅盛り合わせ、茸と野菜蒸しが盛り付けられています。

天ぷらは藻塩でいただきます。天つゆとは違って、素材そのものの味を楽しむことができます。

茸と野菜蒸しでは、魔女の帽子の形をした野菜が目を引きますね。

味噌と豆乳のソースをつけて食べるのですが、コクのある味が野菜によく合います。

これらが食べ終わると、鴨南蛮そばが運ばれてきます。

薬味には、ゆず胡椒に加えて、ごまや海苔も用意されています。

厚みのある鴨肉は、おそばの味を引き立たせてくれますよ。

秋を感じる「デザート」

最後にデザートとなります。

デザートには、マロンクリームとコーヒーアイスクリームに加えて、葡萄のジュレが盛り付けられています。

コーヒーアイスクリームは溶けてしまいますので、早めに食べるのをおすすめします。

マロンクリームは、モンブランのようになっており、秋を代表する「栗」を味わうことができます。

葡萄のジュレでは、白ぶどうと白ワインという、2つのぶどうの味を楽しむことができます。

横に添えられているぶどうは、種無しぶどうです。

和食でハロウィーンを楽しもう!

もともとは欧米で行われてきた「ハロウィーン」。

「花 Hana」では、そんなハロウィーンを、見事に和食のメニューとして表現しています。

実は、今回ご紹介した「”ディズニー・ハロウィーン”花絵巻」を、お得に楽しむ方法があります。

4名以上で、注文時に「WEB特典」と伝えると、特別優待価格の3,000円(通常3,500円)で味わうことができるのです。

また、平日のみですが、別途3,000円で「シャンパン・ワイン飲み放題プラン」も注文することができます。

「花 Hana」は、待ち時間を減らすことができる「プライオリティ・シーティング」の対象レストランです。

詳しくは、東京ディズニーリゾートの公式ウェブサイトをご確認ください。

ぜひ、ディズニーアンバサダーホテルの「花 Hana」で、和のハロウィーンを感じてみてはいかがでしょうか。

“ディズニー・ハロウィーン”花絵巻(3,500円)

前菜盛り合わせ(翡翠茄子ゼリー寄せ・人参カステラ・鯖の棒寿司) お造り 鶏の難波焼き 天婦羅盛り合わせ 茸と野菜蒸し 鴨南蛮 マロンクリームとコーヒーアイスクリーム 葡萄のジュレ

提供店舗:ディズニーアンバサダーホテル 日本料理レストラン「花 Hana」

販売期間:2016年9月1日(木)〜10月31日(月)

提供時間:11:30〜14:30

※商品およびメニューは品切れや金額、内容等が変更になる場合があります