企画展示「身体をめぐる商品史」国立歴史民俗博物館で - 美容やデザインを通して移り変わる生活を紹介

写真拡大

企画展示「身体をめぐる商品史」が、千葉・佐倉の国立歴史民俗博物館で開催される。会期は、2016年10月18日(火)から12月18日(日)まで。

日常生活の中で、変わったということを実感するほど、劇的な変化を生むことが少ない、身体にかかわる“生活習慣”や“美意識”。しかし長い歴史を俯瞰すると、過去と現在の価値観は大きく変わっており、その違いに驚かされることもしばしば。本展では、このような身体観の変化をファッション、石鹸、歯ブラシ、化粧品などの身近な商品の歴史から鑑みる。

明治時代からの欧米化や、その末期からの工業化。そこから日本文化の見直しや衛生面・健康面への配慮など、新たな価値観が形成され、あらゆる生活へと落としこまれた。展示では、おもに大正時代から1980年代頃までの身体観やデザインの変化を商品や雑誌、カタログ、広告などで表現していくことで、日本における身体観が変化してきた様子を服飾、レジャー、スポーツ、衛生、美容を中心として描写していく。

一例を挙げると、明治時代から昭和時代の入浴の習慣に関しての変化がある。元々頻繁に入浴することが習慣付いていない時代に、洗顔用の高級な化粧石鹸が開発され髪専用のシャンプーが発売された。また、歯磨き粉が生まれ、品種改良が進むことで、衛生や健康を人々が意識するようになったという移り変わりが見られるのだ。その他、呉服から始まる百貨店が、食品や文具を取り扱うことで大衆化していった軌跡や、実物の化粧品を見比べることで時代間の美意識が動いていく様を感じることができる。

【概要】
企画展示「身体をめぐる商品史」
会期:2016年10月18日(火)〜12月18日(日)
会場:国立歴史民俗博物館 企画展示室A・B
住所:千葉県佐倉市城内町117
開館時間:9:30〜16:30(入館は16:00まで)
※開館日・開館時間を変更する場合有り。
休館日:毎週月曜日
料金:一般 830(560)円、高校生・大学生 450(250)円、小・中学生無料
※( )内は20名以上の団体
※総合展示もあわせて観覧可能。
※毎週土曜日は、高校生の入館が無料。
※障害者手帳等保持者は手帳提示により、介護者と共に入館が無料。

【問い合わせ先】
ハローダイヤル
TEL:03-5777-8600(8:00〜22:00)


[写真付きで読む]企画展示「身体をめぐる商品史」国立歴史民俗博物館で - 美容やデザインを通して移り変わる生活を紹介

外部サイト

  • 東京都写真美術館16年秋にリニューアル、愛称は「トップミュージアム」- 杉本博司の展覧会も開催
  • 日本初「魔女の秘密展」ラフォーレ原宿に巡回 - 「本当の魔女」の姿をひも解く資料や作品が集結
  • 「東京 デザイン ウィーク 2015」明治神宮外苑で開催 - ミハラヤスヒロ主催のナイトパーティも