むやみな筋トレより!道具いらずの「ゆるっとエアトレーニング」3ステップ

写真拡大

仕事が多忙だと、自身の健康づくりが後回しになりがちです。けれども、気持ち良く仕事ができるのは、健康なカラダあってこそですよね。

なんとか時間を捻出し自宅で筋トレに励んでいる女性もいるかもしれません。けれども、むやみに筋トレしてしまうと、本来は付いて欲しくない箇所にムキムキな筋肉が目立ってしまうことも……! 健康づくりの習慣や強く美しいカラダには憧れるものの、「ムキムキすぎるボディになるのはできれば避けたい……」というのがホンネの女性も少なくないのではないでしょうか?

ならば、むやみな筋トレよりもゆるっとしたトレーニングを実践したほうが女性らしいボディへの近道になりますよね。

そこで今回は、ヨガインストラクター有資格者の筆者が、むやみな筋トレよりも、しなやかで女性らしいボディを目指せる“ゆるっとエアトレーニング”を3ステップでご紹介します。

■ステップ1:エア足踏み

自宅で道具なしにできるエクササイズのひとつが、足踏み運動です。

踏み台があればベストですが、なくてもその場で足踏みをするだけでもエクササイズ効果が得られますよ。

その場に踏み台があるように、足を高く上げて足踏みを繰り返す運動を行うと、太ももの裏側の筋肉を刺激できるので美しいレッグラインをつくってくれる作用が期待できます。

みっちり10分繰り返す動きを毎日習慣にすると、オフィスでは刺激できない足の筋肉を程よく動かすことができるんです。キツい場合には、まずは1回5分から始めてみてはいかがでしょうか。

■ステップ2:エアフラフープ

近年、フラフープによるエクササイズ効果が見直されています。お腹や腰を柔らかく効果的に動かすのでウエストのくびれを作り出す働きがあり、女性らしいボディを作り出す効果が高い運動になるのです。

フラフープは100円ショップでも販売されているようですが、意外と大きいので部屋に置いておくと邪魔になりがち。ひとり暮らしの女性だと、置き場にも困ってしまいますよね。

ならば、エアフラフープ運動で“そこにフラフープがあるような”動きを行い、ゆるっとエクササイズ効果を狙ってしまうのが簡単に続ける秘訣になります。

できれば5分、キツければ3分から徐々に増やしていきましょう。

■ステップ3:エア縄跳び

最後は、バランスよく体内の代謝をアップさせるために全身運動を行いましょう。

子どもの頃に遊んだ経験のあるかたも多いであろう“縄跳び”の動きは、全身の有酸素運動ができる上に、内臓を程よく揺さぶってくれるので思わぬ嬉しい作用も期待できますよ。

内臓は、日頃の姿勢が影響して位置がズレることも。ピョンピョンと跳ぶ刺激が適度な刺激となり、正しい位置に戻してくれる働きが期待できるんです。

できれば10分、キツければ5分から始めてみてください。

以上、“ゆるっとエアトレーニング”でしたが、いかがでしょうか?

道具なんてなくても、ゆるっとトレーニングを習慣にすることは可能です。まずは3つの運動を全て継続することが大事。「キツい」と感じたならば、短い時間から順に増やしていってください。

筋トレは心地よい疲労感と大量の汗が気持ちの良い運動ですが、ムキムキすぎるボディは女性らしさに欠けることもありますものね。

まるでそこに道具があるかのように“エア”アイテムを使って、お金を使わずにしなやかなボディを目指してみるのも一案です。

エアトレーニングは、1回の運動時間を増やすよりも毎日少しずつでも習慣にすることが大事。朝時間を有効活用したり帰宅後のタイミングを使ったりと、自分なりに続けやすい時間帯を見つけて、ぜひ習慣にしてみてください。