ゴミ袋を使った「ポスターを傷つけない貼り方」が画期的すぎる!

写真拡大

ゴミ袋を使った「ポスターを傷つけない貼り方」のアイデアがスゴいと、Twitterで話題になっています。

もう傷や汚れは気にしなくていい!

ミュージシャンやアイドルなどのポスターを壁に貼る際、なるべく傷を付けずに貼りたいですよね?

そんな中、なギ(@912Nagi)さんが「ポスターを傷つけない貼り方」についてTwitterに公開しました。

Twitter/@912Nagi

Twitter/@912Nagi

なんと、透明なゴミ袋を使えば、ポスターを傷つけずに壁に貼れるそうです。

確かに大きなポスターになると、額縁の値段も高くなってしまいます。

できれば、お得に、ポスターに傷や画びょうの跡が付かないように貼りたいものです。

Twitter/@912Nagi

Twitter/@912Nagi

そこで、なギさんオススメの「ポスターを傷つけない貼り方」は、透明なゴミ袋にポスターを入れて壁に貼るだけ!

まさか、こんなに簡単な方法があったとは…。思い付きそうで、なかなか思い付かない画期的なアイデアです。

なギさんオススメの「ポスターを傷つけない貼り方」がスゴいと反響を呼び、ツイートも14,000回以上リツイートされていました。

「これはいい」の声続出!

ツイートには「やってみよ」、「なるほど!いいですね」、「すごい!画期的!」といったコメントが寄せられています。

超カンタン!「ポスターを傷つけない貼り方」

また、なギさんは「ポスターを傷つけない貼り方」について詳しく解説しています。

Twitter/@912Nagi

Twitter/@912Nagi

まずはポスターを貼る際に必要なものを用意し、ゴミ袋の中にポスターを入れましょう。

なお、ゴミ袋は透明なもので、ポスターのサイズよりも大きめのものがいいんだとか。

Twitter/@912Nagi

Twitter/@912Nagi

次にゴミ袋とポスターの間に少し余白を残し、ゴミ袋を裏側に折ったらテープで止めます。

Twitter/@912Nagi

Twitter/@912Nagi

空いた余白に画びょうまたは、マスキングテープで止めて壁に貼れば完成です。

Twitter/@912Nagi

Twitter/@912Nagi

これなら、ポスターの傷や汚れを気にせずに貼れますね!

ぜひ、なギさんオススメの「ポスターを傷つけない貼り方」を参考にしてみてはいかがでしょうか?

※この記事のツイートと画像はなギ(@912Nagi)さんの許可を得て掲載しています。