彼氏が勤めていたら「カッコイイ!」と思う企業

写真拡大

彼氏がどんな仕事をしていても真面目に仕事に取り組んでいればそれだけで十分。でも、気持ちのどこかで彼が勤めている企業を自分自身のステータスのように思えるということもあるのでは? 今回は、彼が勤めていたら自慢したくなるのはどんな企業なのかについて女性たちに聞いてみました。

■ネームバリューがある

・「総合商社など、ネームバリューのある一流企業」(29歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「誰でも知っている大手一流企業」(36歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

名前を言えば誰もがわかる一流企業。給料や待遇などもいいイメージがあるし、何よりもそのネームバリュー自体がステータス。そこで働ける能力がある彼氏というだけでも自慢したくなるのでしょうね。

■上場企業

・「大手や一部上場は聞いて安心する」(28歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「上場企業だったり、収入が良い企業です。確実にうらやましがられるから」(36歳/その他/販売職・サービス系)

いかにもエリートサラリーマンといった彼氏像が想像できる上場企業勤務。自分がそういう男性をゲットできるくらい素敵な女性だという意味でも、まわりにうらやましがってもらいたい、自慢したいという気持ちがわいてくるのでしょうか。

■おしゃれなイメージがある

・「有名ブランドの広報。コミュニケーション能力が高そうだし、最先端な感じ」(39歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「スターバックスコーヒーや、カフェ的なおしゃれなお店」(27歳/機械・精密機器/技術職)

大企業でなくてもイメージ的におしゃれならOKという女性も。企業イメージがおしゃれだとそこで働く人も洗練されたスマートな人という印象。最新のデートスポットやファッションなどにも詳しそうですね。

■頭が良さそう

・「IT企業や証券会社。バリバリ働いていそうでかっこいい」(26歳/金融・証券/営業職)

・「IT関係。何だか頭が良さそうで、もうけてそうだから」(31歳/その他/その他)

理系男子の頭のよさに憧れてしまうという女性は少なくないので、彼氏がIT企業に勤めていると羨望の的になれそう。自分にはわからないこともサラッとこなせて頼りになる彼というイメージもありますよね。

■華やかさに憧れる

・「広告代理店、テレビ局、マスコミ関係」(36歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「ある程度名の知れた企業。テレビや芸能関係の企業」(35歳/小売店/秘書・アシスタント職)

普段はあまり縁のないマスコミや芸能関係の仕事。彼がそういう企業に勤めていたら、内緒の裏話なども聞かせてもらえそう。自分自身が入るのは難しい華やかな世界。だからこそ憧れを持っているという人も多そうです。

■高給なイメージ

・「航空会社。華やかだし社員割引などが豊富だから」(36歳/その他/営業職)

・「航空関係や医師など、高給取りのとこ」(33歳/医療・福祉/専門職)

航空会社勤務や医者などイメージ的に高給取りだなという彼も自慢したくなるようです。もし、病気になったときにも彼の会社なら安心、旅行に行きたいときには彼の会社の社員割引でなど実用的な面でも確かに自慢できそうですね。

■まとめ

収入がよさそう、イメージがカッコイイなど彼が勤めている企業を自慢したくなる理由はいろいろ。でも、そもそも人の自慢話というのは聞いていても面白くないものなので、あまり自慢げに話すと友だちにドン引きされてしまうかも。彼としても勤務先を彼女に自慢されるというのは、複雑な心境かもしれません。彼の勤めている企業については、聞かれても控えめに答える程度にしておいた方がよさそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数208件(22歳〜39歳の働く女性)