ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーの離婚劇を利用した広告が秀逸! 「ブラッドが独身に」とロス行きの便を勧める航空会社など

写真拡大

ハリウッドを代表するビッグカップル、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー(以下ブランジェリーナ)の離婚が世界中のメディアを賑わせていたが、そんな、彼らの離婚劇を利用した広告が続々と登場しているようなのだ。

「ブラッドが独身に」とうたい、ロサンゼルス行きの便を勧める航空会社など、‟他人の不幸は蜜の味” とばかりに、ビジネスにしてしまう企業の手腕がナカナカ秀逸なのである!

・ブランジェリーナの離婚を宣伝に利用する企業が続出!

ジョニー・デップやベン・アフレックの破局に続き、2016年のハリウッドは、大物カップルの離婚が相次いでいる。そろそろ年の暮れに近づきつつある今、「最後の締めは我々だ!」といわんばかりに、ブランジェリーナが離婚を発表。

予期していなかったニュースに食いついたのは、メディアやゴシップ紙だけではなく、エンターテイメントに全く関係ない企業が、彼らの離婚を利用した広告や宣伝に着手しているのである!

・「ブラッドが独身に」とうたう航空会社が登場!!

例えば、北欧のノルウェー・エアシャトルは、ロンドンからロサンゼルス行きの便を売り込む広告に、「Brad is single:ブラッドが独身に」とのキャッチコピーを添えて新聞に掲載。

ブランジェリーナの離婚について知らない人が見たら、「???」と思ってしまいそうだが、知っている人は、思わず笑ってしまいそうな宣伝文句である。ちなみに航空券の価格は、169ポンド(約2万2000円)となっている。

この価格でロサンゼルスへ飛んで、ブラッドと恋のチャンスが本当にあるのなら、トンでもなくお得であることは間違いない。

・IKEAもビッグカップルの離婚を宣伝に利用

そして、シンガポールのIKEAでは、2つに分かれるソファーに、「破局は起こる」とのキャッチコピーを添えて売り出している。確かに、恋人と同棲を始めたり結婚しても、2つに分かれるソファーだったら、破局した時に家具の引き取りでモメなくて済みそうである。

その他には、オーストラリアのジュース店「Boost Juice」が、ブラッドとアンジェリーナという名前の客には、ジュースを無料で振る舞うとツイートしている。

それだけ、人々にとってブランジェリーナの離婚発表が、大ニュースだったということだろう。だが、2人には6人の子供がいるため、彼らの気持ちを傷つけないよう、プライバシーを尊重するべきではないかと思う。

参照元:Twitter @Nina Stobart、INDEPENDENT(英語)
執筆:Nekolas

この記事の動画・画像を見る