川崎重工業 業績悪化の要因である船舶事業から撤退を検討プレジデントオンライン

川崎重工業 業績悪化の要因である船舶事業から撤退を検討

ざっくり言うと

  • 川崎重工業は、業績悪化の要因となっている船舶事業を見直すと発表した
  • 「構造改革会議」を設けて2016年度末を目処に、事業の撤退も視野に入れ検討
  • 円高やノルウェー向けの船舶に設計段階であった不具合などが影響したという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング