大人になるにつれ、分からないことを素直に認められなくなっていくもの。しかし、無料メルマガ『ビジネス真実践』の著者・中久保浩平さんは、知らないことを知らないまま「放置」しておいたり、ごまかしたりするのは恥ずかしいことであり、分からないことに対して正しく対処すれば信頼を損なうことはないと断言、さらに「知らない」「できない」ばかりを口にする部下が自発的に動くようになる「質問術」も紹介しています。

ビジネスマンにとって恥ずかしいこと

当たり前ですが、完璧な人などどこにもいません。誰でも習ったことを忘れたり、間違ったりするものです。たとえば、小学校で習った二等辺三角形や台形の面積や三角錐の体積を求める方程式を即答できる人って、たぶん少ないと思います。習ったこと、必死で覚えたことも時間とともに忘れていきます。そういうものです。ですので、忘れたことや、分からないことがあるというのは、誰にでもあり得ることなので、恥ずかしいものでもなんでもありません。

それより、忘れたことや分からないことを、「あっ、あれなんだっけ? まぁいいや、またそのうち調べてみよう」と、そのままにしておくことが恥ずかしいことです。

「これは分からないから、できません」

「こんなことやったことないから無理です」

「もう忘れてしまったので、それはできません」

と、してしまうことが何より恥ずかしいことなのです。またこれらと同様に

「時間が出来たらネットで調べればいい」

「休みの日に本を読み返してみよう」

「あの人に聞けばいいや」

と、先延ばしにすることも恥ずかしいことです。

コンサルティングのなかで、改善や発展のために取り組んでもらう課題をクライアントに提案するのですが、課題に対して何も取り組んでいない人に限って、「出張が続いてまして…」とか、「部下に指示したんですけど、まだ報告がなくて…」とか、「取引先で問題があり、その対応に追われて…」というようなことをいいます。

これは先述したとおり、「いかに自分に非がないかを主張しているだけ」の言い訳にしか過ぎず、とっても恥ずかしいことなのです。そして、とても恥ずかしいということにすら気が付いていないので、何も改善すらできませんし、次のステップへ進むこともできません。当然、成長も発展もないままです。

このように、分からないことや忘れてしまったこと、できないことをそのままにせず、前向きな行動へつなげるには、ちょっとしたコツがあります。それは…、忘れてしまったことや分からないこと、できないことがあれば、「だからこうします」あるいは、「でもこうします」を口癖にするのです。

「忘れたからできません。でもスグに○○で調べなおします」

「時間がないからできません。だから、時間を作るためにこうします」

「分かりません。だから○○で調べ、報告します」

このように、できない、分からないことに対して、スグに行動に伴う言葉を付け加えるようにするのです。この一言を添えることによって自己責任感も強まりますし、たとえ今は分からないからといって、相手に対しての信頼を損なうことはありません。

さらに、部下や後輩の指導をするときにも有効です。指導の際、部下や後輩が、「分かりません」「できません」といってきたら、「分からなければどうすればいい?」「できなければ、できるようにするためにまずできることは?」と、行動を促すように尋ねてあげるのです。

あくまで自ら行動を起こしてもらうように聞き返すのがコツで、「分からなければ、いついつまでに調べなさい」「できなければ、できるように努力しなさい」と命令系で伝えないことが重要です。なぜなら、命令系だと相手は「やらされてる感」が意識が芽生えてしまい成長の妨げになり、逆効果になる可能性があるからです。命令や指示は教育ではありません。したがって、自ら行動を起こしてもらうように聞き返しましょう。

このように、行動へ繋げる、あるいは、促進させる一言を添えるだけで、分からないことや、できないこと、忘れてしまったことをそのまま放っておかず、前へ進んで行動しよう、という意識が根づいてきます。それこそが行動力を促進させる秘訣であり自主性、責任感を高めるコツでもあるのです。

「うちのスタッフは自主性だったり、行動力に欠けるな」と感じていれば、言葉に少し工夫をしてみるといいでしょう。10のことを一気に10させようではなく、10の内の0.1でも今すぐやってみようという意識をもつ方が断然成長していきます。

■今日のまとめ

『分からない、できない、をそのままにするのは恥ずかしい。』

分からないこと、知らないことに、できないことに当たった時、そのままにせず、瞬時に前に進むには普段からどのような準備が必要か? 考えノートに書きだす。「できません。」「無理です。」と返してくる部下や後輩にどのような工夫をして指導すればいいか?考えノートに書きだす。

image by: Shutterstock

 

『ビジネス真実践』

当メルマガでは、常に営業・マーケティングの本質部分に迫ります。小手先のテクニックを求める方、向上心の無い方、行動力の無い方は、時間の無駄になってしまいますので、絶対に登録しないで下さい。

<<登録はこちら>>

出典元:まぐまぐニュース!