BMW X2コンセプトがパリモーターショーで披露されました。

クーペとSUVを融合させたスタイリッシュな「BMW X2コンセプト」は、都市ユーザーをターゲットにしたスポーティモデルという位置づけ。

1

写真を見る限り、日本でも都市部を中心にかなり遭遇するメルセデス・ベンツGLAを意識したようなコンセプトモデルに見えます。ニッチとはいえ、コンパクトクロスオーバーSUV市場でBMWとしてもライバルにばかり良い思いをさせないということでしょうか。

いかにも速く走りそうなスタイリングに、BMWのXモデルならではの堅牢なボディで構成され、ロングホイールベース、ショートオーバーハングのボディが特徴です。

BMWらしさを感じさせるフロントマスクは、「鮫の鼻」を感じさせる新たな造形が採り入れられたキドニー・グリル、大型のエアインテークが存在感を高めています。

サイドビューは、細長いルーフラインとスリムなウインドウグラフィックが印象的で、SUVとクーペのクロスオーバーモデルであることを強調。力強さを感じさせる前後フェンダーには21インチの軽合金ホイールが収まっています。

発表されたリリースにはデザインスタディモデルなのでしょうか、スタイリング以外で言及はほとんどありません。

しかし、BMW X1がFF化されたことから、市販モデルになれば都市部のユーザーを狙うということからもFFと4WDが設定されるのではないでしょうか。

(塚田勝弘)

コンパクトSUVに新風を巻き起こすか!? BMW X2コンセプトが登場【パリモーターショー16】(http://clicccar.com/2016/10/01/403829/)