オムロン 音波式電動歯ブラシ HT-B315

写真拡大

 毎日、きちんと磨いているつもりでも、歯医者に行くと磨き残しが結構あると指摘されたことない? 特に口の奥は、歯ブラシがなかなか届かず、どうしても“死角”ができがち。そこでオムロンヘルスケア(京都)は、11°に屈曲した独自ヘッドが奥歯の奥まで届いてしっかり磨く「オムロン音波式電動歯ブラシHT-B315」を、10月5日(水)に発売する。

 厚生労働省によると、奥歯の寿命は他の歯よりも平均して約10年短く、さらに奥歯が抜けると連鎖して他の歯も抜けやすくなってしまうという。新商品では、これまで本体部分にしか搭載できなかったモーターを小型化し、ブラシの取り付け部に搭載、歯とブラシの隙間ができにくく、より日本人の歯列にフィットしやすい11°の角度に設計した。これにより、真っ直ぐな形状の歯ブラシでは磨きにくかった奥歯の奥まで磨きやすいようにした。電動だが約64gと軽量。細くて手にフィットするデザインになっている。カラーは、ブラックとシルバーの2色。オープン価格。