ウォークマンの新フラッグシップモデル2機種 銅製ボディーの30万円モデルも登場

写真拡大

 ソニーは、ウォークマンを中心とした小型オーディオシステムのフラッグシップとなるSignature Series(シグネチャーシリーズ)を発表。ウォークマンの最上位となる「NW-WM1Z」(市場想定価格300,000円前後、税別)、従来モデルNW-ZX2の後継機「NW-WM1A」(同120,000円前後、税別)を、10月29日(土)に発売する。従来のNW-ZX2に代わるもので、シャーシからパーツ類、回路まで内容を一新、自社の高度なデジタル技術を投入してフラグシップにふさわしい意欲的なモデルとなる。

 WM1ZとWM1Aの主な違いは、前者がボディー/シャーシ素材が無酸素銅の削り出し+金メッキであるのに対して後者はアルミニウム削り出しとなるほか、抵抗や内部配線の一部にはより高品位なものを使い、さらに高音質化を図っている。メモリー容量も1Zが256GB、1Aが128GBとなる。

 2機種ともに、信号処理をデジタルで行う内蔵フルデジタルアンプは新設計。出力を従来の15mW+15mWから60mW+60mWと4倍にもパワーアップ、またアンプ回路がダブルとなる後述のバランス出力では250mW+250mWにも達する。デジタル処理もDSD11.2MHzとPCM384/KHz32bit音源に対応し、またDSDはPCMに信号変換しないネイティブ再生となった。ヘッドホン出力が、新たに規格化された4.4mm5極バランス端子になっているのもポイント。左右チャンネルの干渉を抑えたより低ノイズの再生が期待できる。電源部も大容量化、低抵抗化、低ノイズ化などで音に直結する供給能力をアップしているのも、正当なオーディオのアプローチだ。

 ユーザーインターフェイスも改良され、ディスプレイのタッチパネルとサイドのハードキーで操作性を向上。microSDカードスロットにより容量を拡張してたくさんの曲を収納するようになっている。ハイレゾ音源レベルの伝送ができるLDAC対応のBluetooth機能も内蔵。約7時間のフル充電で、30時間の連続再生(FLAC96kHz/24bit時)が可能。サイズ・重量は、幅72.9×高さ124.2×奥行き19.9mm・455g(※NW-WM1Aは267g)。