横浜市の病院で患者が中毒死 落下した点滴袋が急激に泡立ち発覚の契機に

ざっくり言うと

  • 横浜市の大口病院で同室の入院患者2人が中毒死した事件
  • 落下した点滴袋が急激に泡立ったことが、事件発覚の契機となった
  • 消毒液「ヂアミトール」が混入された可能性が高いとみられているとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング