trend_20160930185228.jpg

写真拡大

カス丸 ハーイ、僕、マメ柴のカス丸きゃすぅ。イヌとサルは昔から仲が悪いけど、イヌとウマは「犬馬の労はいとわない」なんて、まあ大の仲良し。ウマの気持ちは、イヌが一番わかるんだじぇい。

ってなわけで、今週からG1が開催される週の土曜に、カス丸プレゼンツの「秋のG1大予想」はじめるじぇい! でも、実は競馬予想は素人。そこで、「競馬の神様たち」にイロハから教えてもらいきゃすぅ。

まずは、競馬歴5千年のガジュマル爺や。カス丸のおじいちゃんのそのまたおじいちゃんの、ずっとはるかかなた。それと犬小屋がお隣さんの女子アナ、カスヨさん。大穴が得意だじぇい。

では早速、はじめま〜す。ガジュマル爺、今週から秋のG1が始まるきゃすか?

短距離というても先に行けばいいってもんじゃないぞ

ガジュマル爺 そうじゃ。JRA(日本中央競馬会)がやっとるレースの中でもトップクラスはG1レースといわれて、秋には10レース以上あるんじゃ。2016年10月2日の「スプリンターズ・ステークス」が最初じゃ。

会場は中山競馬場の芝コース。走る距離は1200mじゃ。1.2kmもあるが競馬では一番短い方じゃ。まあ、人間の100mみたいなもんだな。

カス丸 じゃあ、五輪100m金メダルのボルトみたいに速い馬を探せばいいきゃすね。

ガジュマル爺 その通り。まずは優勝候補を探す。上の表を見ろ。16頭が出走する。全部番号付きじゃ。馬券を買うときは、この番号で買うんじゃ。色が付いているのが枠の番号で枠番という。それぞれの馬に付いているのが馬番じゃ。

カス丸 印の意味はなに?

ガジュマル爺 ◎は優勝候補。「本命」ともいう。○は次に強い奴。「対抗」という。▲は3番手。「穴」と呼ぶ。△は4番手以降。「押さえ」ともいう。

カス丸 ともかく◎を決めないといけないわけだね?爺は11番ダンスディレクターだよ。理由はなんだじぇい?

ガジュマル爺 短距離のレースは、俗に「短距離の差し馬」といってな、最初から先頭に立って逃げた馬よりも、スタートは馬の群れの中にいて最後にスピードあげて、矢のように走る馬の方が勝つんじゃ。つまり最後の直線でダーッとみんなをごぼう抜きにするんじゃ。ダンスはスピードがある馬だし、見とって気持ちいいぞ。それに今回は8か月休んだ後、先月1回レースに使ったし、調子が上向いとる。そこが狙い目じゃ。追い切りもばっちしじゃ。

カス丸 なに、追い切りって。

カスヨ 私が教えてあげる。どんなスポーツだって、レース前にトレーニングするでしょ。その最後の仕上げと思えばいいわ。わかった?確かにダンスは、1200には強いわ。これまで「2301」の成績よ。これは左から1着2回、2着3回、4着以降1回、と読むのよ。わかった?でもね、土曜は雨。馬場が少しぬかるんで、最後のスピードも思うようにいかないかもね。だから私の◎は13番レッドファルクス。1200は負けなしよ。すごいでしょ。それに騎手はデムーロちゃん。日本人の騎手よりやっぱりうまいわよ。

ガジュマル爺 なんだ?大穴狙いとかいうとってどこが大穴なんじゃ。それにファルクスが勝ったのは中京競馬場だけじゃ。あそこは左回り。中山は右回り。甘いのう。そんな選び方でどうする?男選びもおんなじじゃ、先が思いやられるぞ。

カスヨ 余計なお世話ね。爺の女選びだって5000年も失敗続きじゃない。他人のことはいえないわよ!

カス丸 まあまあ、ふたりとも。他に強い馬はいないきゃすか?

カス丸、ついに本命を決める!

カスヨ 1番人気はたぶんビッグアーサーね。今年の春にあった1200mの高松宮記念というレース。これもG1だけど、圧勝だったし。前走のセントウル・ステークスという1200のレースでも勝っているし、人気集中よ。

カス丸 ふうん、そんなに強いすきゃ?でも、二人ともなぜ、本命にしないきゃすか?

ガジュマル爺 アーサーは先行するんじゃ。セントウルの時は最初からトップに立ってそのまま勝ったわけじゃが、今度は格が上のレース。先行勢もそろっておる。ペースが速くなって、後ろから来る馬に負ける可能性大なわけじゃ。

カスヨ まあ、その通りね。でも2、3着には来るかもしれないから、私は○対抗よ。はずせないわ。

ガジュマル爺 またまた、どこが大穴ねらいなんじゃ。わしの○はミッキーアイル。春の高松宮記念では2着。それ以来の実戦じゃが、休み明けでもまったく問題なし。この馬は先行するんじゃが、ビッグアーサーよりも突き抜ける力が強い。去年のこのレースは4着。スタートがよかったのに、騎手が抑えてしまい、調子がおかしくなったんじゃ。あのままダーッとスピードに乗って行っていたら、勝ったはずじゃ。

カスヨ たしかに追い切りも4ハロン(1ハロン200m)50秒と速かったわ。でも、ミッキーはもともと1600mが得意な馬。11月のマイルチャンピオンというレースにも出るでしょ?だから、ここがピークの仕上げというわけでもないんじゃないかしら。私は▲にしとくわ。

カス丸 じゃあ、完璧なコンディションじゃないんすきゃ?

ガジュマル爺 まあ、大丈夫じゃ。それより今回、分かりにくいのは3歳馬じゃ。3頭いて、2番ブランボヌール、4番ソルヴェイグ、5番シュウジじゃ。ともかく今年の3歳馬はレベルが高い。5月にあったダービーというレースで1〜5着に来た馬は、普通の年だったら、どれが出ても優勝できたくらい優秀じゃ。そんな怪物連中と一緒に、昨年2歳の時のチャンピオンを決める朝日杯フーチュリティというレースでシュウジは5着だった。ブランボヌールとソルヴェイグは牝馬、メス馬じゃが、斤量が軽いうえに重賞レースに勝っているんじゃ。

カス丸 斤量(キンリョウ)?

カスヨ そう。キンリョウよ。馬が背負う重さ。騎手とか、馬具とかを合計した重さ。何kgと決まってるのよ。3歳牝馬は53、4歳以上の牡馬(オス馬)は57だから4kgも差があるというわけ。軽い方が断然有利。わかった?

カス丸 ほかにはどんな有力馬がいるの?

ガジュマル爺 去年は8番サクラゴスペルが2着だったが、8歳だからもうトシかな。最近、調子もよくないし。まあ、ワシの歳に比べりゃ、赤子だがな。

カスヨ 同じ8歳でも7番スノードラゴンは可能性ありよ。なんといってもG1を勝ったことがあるのは低力がある証拠。12番レッツゴードンキもG1馬だから要注意よ。夏に活躍した6番ベルカント、16番ネロは夏に走りすぎかもね。ベルカントはラチ(柵)沿いに最初に逃げて走れば強いかもしれないけど。今回は前に行きたがる馬が多いしね。ネロはセントウルでビッグアーサーに負けたけど2着に頑張った。スピードが付いたけど、ちょっと多くのレースに使いすぎかもね。14番ウリウリも最近の成績が今ひとつだしね。

カス丸 う〜む。いろいろと勉強になりきゃすた。ふたりの意見を参考に、僕も決めたじぇい!本命は減点が少ない1番ビッグアーサー。カス丸とおんなじで人気者だからね!○はミッキーアイル。ガジュマル爺を信じるじぇい!▲は力をつけたネロにするきゃすぅ。夏走って疲れても、走るときはイヌもウマも走るもんきゃすぅ! ......とは言ったものの、馬券はどうやって買うきゃすか?

カスヨ 買い方も知らないのに、予想してたのぉ? 1着だけ当てるのは単勝。1、2着を当てる場合、順番に関係ないのが馬連、順位通りに当てるのが馬単。1、2、3着の順位関係なしが3連複、順位通りが3連単という馬券よ。カス丸は初めてだから単勝にしたら?1着だけ当てるのよ。わかった?

カス丸 うん! じゃあ、いますぐ「単勝」を買ってくるじぇい!!!!!

(次回へ続く)