イ・ボミ選手

写真拡大

イ・ボミは2015年、2位のテレサ・ルーに8000万円もの差をつけ、圧倒的強さで賞金女王の座に輝いた。体格は決して大きくないが、平均ストローク1位、パーオン率1位と抜群の安定感を誇る。そんな彼女の高度な技術を支える心の内に迫る。

2015年のプロゴルフ界は韓国の女子プロ、イ・ボミ選手に始まり、イ・ボミ選手で終わった年となった。

獲得賞金約2億3050万円は男女を通じて歴代最高額の新記録。賞金女王や平均ストロークなどプロゴルファーの実力を示すデータでは主要8部門中6部門で1位。おまけにあの美貌とチャーミングな笑顔で日本中のゴルフファンを虜にした。そのイ・ボミ選手の強さと魅力に迫ってみた。

----------

▼イ・ボミの軌跡

1988年:8月21日、韓国水原市生まれ。12歳でゴルフを始める。
2007年:20歳でプロ転向。テコンドーで鍛えた強靭な足腰を武器とする。
2010年:韓国ツアーで年間3勝を挙げ賞金女王に。
2011年:日本ツアーに本格参戦し、同年3月にヨコハマタイヤPRGRレディスで初優勝。さらに最終戦の11月のLPGAツアーチャンピオンシップ・リコーカップで国内メジャー初優勝。
2013年:日本女子プロ選手権で国内メジャー2勝目を挙げる。
2015年:年間7勝を挙げ、男子の伊沢利光プロが獲得した約2億1793万円を約1300万円上回る約2億3050万円の歴代最高記録で賞金女王に輝く。通算15勝。158cm、56kg。血液型A。

【2015年の部門別成績】
賞金ランキング1位●2億3049万7057円 メルセデスランキング1位●769.5ポイント 平均ストローク1位●70.1914/平均パット1位●1.7589 パーオン率1位●74.5880/パーセーブ率1位●89.0269

----------

■やっと果たせたお父さんとの約束

――15年を振り返ると、どんな年でしたか。

【ボミ】14年はお父さん(ソクジュさん=14年9月に56歳で死去)と約束した日本の賞金女王を取れなかったので、次は絶対に取ると心に誓いました。難しいとは思いましたが、それが達成できて人生最高の年となりました。韓国に帰ってお父さんの墓前に報告できることが本当に嬉しいです。

*父親のソクジュさんは彼女にゴルフを教えた最初の人。娘が中学、高校時代に仕事の合間をぬって片道1時間半もかかる練習場に送り迎えをした。

――お父さんにはどんな報告を?

【ボミ】亡くなる前に、「賞金女王はプロにとってナンバーワンの証し。特にレベルの高い日本で達成してこそ、その価値がある。必ず夢を叶えてくれ」と強く言われました。そのお父さんとの約束を実現するためにメジャー競技にも行かず、日本の試合に専念しました。掛け持ちで夢を叶えられるほどゴルフは甘くありません。

実は賞金女王が決定した伊藤園レディースに優勝する前の夜にお父さんが夢に出てきたんです。きっと後押しをしてくれたんですね。だから墓前では「お父さんありがとう。約束を果たせたよ」と報告します。

*実は父親のことをもっと細かく聞くつもりだったのだが、それをやると泣いて話ができなくなるからとマネジャーから事前に止められた。

――女子の賞金女王どころか、男子の記録まで破る新記録達成です。

【ボミ】すべてモチベーションを高めるためです。最初は一つでも多く勝つこと。次に賞金女王。その次は誰も達成していない2億円突破。それが達成した後は男子の記録を破ること。そうして常に自分に課題を課すことで、モチベーションを高めてきました。

――目標を達成するためにどんな準備をしましたか。

【ボミ】スイングではバックスイングを手で上げないようにしています。手打ちになると、スイングの軌道もリズムも狂いやすくなります。体の回転を主にすればミスも最小限に防げます。ゴルフはバランスです。ドライバーショットもバランスを考えて80%の力で打つようにしています。80%で振って芯に当てれば、100%で振ったことと同じ結果になります。これはボギーを叩かないための対策です。

*彼女は狙い打ちスイングといわれ、正確なショットでボギーは極端に少ない。80%の力で振れば、スイングはゆったりし、常に同じリズム、テンポを保ちやすい。

――1年間フルに戦うには体力もいる。

【ボミ】前半戦で2つ勝った後、このまま後半戦で体力が持つか心配でした。そこで専属トレーナーを雇いトレーニングに取り組みました。試合中いつもジムに通うというわけにはいかないので、遠征先のホテルでは毎日バランスボールなどを使い体幹を強化するトレーニングをこなしていました。食事も栄養のバランスを考えています。試合によっては飛ぶ人が有利なコースもあります。それに対抗するには土台となる下半身が弱くては対抗できません。足腰さえしっかりしていればスイングも安定し、思うようなマネジメントもできます。

――ライバルと騒がれたテレサ・ルー(台湾)はあなたにとってどんな存在ですか。

【ボミ】テレサさんは本当に素質のあるいい選手です。私と対戦して彼女は2回優勝しています。チャンスがきたときの集中力はスゴイ。人間的にも素晴らしく私にとって見習う点はたくさんあり、本当にいいライバルです。彼女が頑張っているから私も頑張れる。賞金女王を取れたのも彼女の存在なくしては考えられないかもしれません。

■いつも前向きでいれば、プレーが楽しくなる

――もう一人、キャディの清水さん(重憲さん=41歳)の存在はどうですか。

【ボミ】今の私があるのは清水さんのお陰です。ゴルフだけでなくすべての面でいつも私を見守ってくれています。何をしたら上手くなれるか。疲れないためにはどうしたらいいかと考えてくれています。

以前の私はパッティングに弱点があった。打つ前にいつも迷う。あるとき構えたらすぐ打ったほうがいいかと清水さんに聞いたら、即そうすべきだと言われ、以来パッティングに迷いがなくなりました。君は時々簡単にボギーを叩くことがあるけど、それをカバーするためにはショートゲームの練習に力を注ぐべきだと言われ、それを実践してボギーを叩かなくなりました。本当に信頼できるパートナー。ここまで来られたのは、決して私一人の力ではありません。

----------

▼専属キャディ 清水重憲さんから見たイ・ボミの素顔

「賞金女王の記録を前に本人も大変なプレッシャーがあった。でもそれを強い精神力で乗り切った。彼女の笑顔は、『ゴルフは何が起きるかわからないゲーム。一喜一憂しても始まらない』といういわば達観した姿勢から出ている。これは凄いこと。他人を気遣う優しい性格で、僕のほうがむしろ教えられることが多いですよ」
 

----------

――日本に来た当初(11年)「私のバーディーより日本選手のパーのほうが拍手が多い」と戸惑い、また05年のほけんの窓口レディースに優勝したとき「外国人の私が勝っていいのでしょうか」と遠慮がちでした。外国人という負い目はあったのですか。

【ボミ】すこし悲しかったのは確かです。でも私は日本が大好き。日本でプレーすることを決めたとき、両国の関係がよくなかったので、ゴルフを通じて韓国と日本の懸け橋になりたいと誓いました。心を開いて一生懸命プレーすれば必ず理解してくれると信じていました。今は日本の大勢の人が私を応援してくれます。その声援がまた力を与えてくれます。日本でプレーすることが本当に楽しいし、ますます日本が好きになっています。

――あなたは韓国で“スマイル・キャンディ”のニックネームがあるように日本でも笑顔のプレーに人気があります。笑顔は意識しているのですか。

【ボミ】いえ、意識はしていません。怒るときもあるんですよ(笑)。でもすぐ切り替えます。怒ったからといって何の得があるわけでもありません。常に前向きにプレーすれば楽しくなります。それに周りで応援してくださるファンの方が笑うようにしてくれるんです。キャディの清水さんも「笑ったらラッキーがくるよ」と言ってくれます。でも笑うと本当にいいことが起きるんですよ(笑)。

■何事にも感謝、感謝私は一人ではない

――熱心なクリスチャンですよね。信仰はあなたの生き方に影響を?

【ボミ】私が信仰の世界に入ったのは両親の影響です。神様がいないと、きっと何もかもシンドくなっていると思います。いつも神様に助けられている。それが私の支えで両親には本当に感謝し、サポートしてくれる周囲に感謝、スポンサーにも感謝、清水さんにも感謝(笑)。私は一人で生きているのではなくて、皆に生かされているのです。だから感謝の気持ちを忘れないようにしています。

――2億円以上を獲得して、その中から日本の児童福祉施設などに寄付をしたという話も聞いています。

【ボミ】病気で入院していたお父さんのお見舞いに行ったとき偶然小児科病棟を見たんです。小さい子供たちが病気で苦しんだり、痛がっている姿を見てショックでした。お酒やタバコで体を壊す大人は自分の責任ですが、何も悪いことをしていない子供たちがなぜこんな苦しみを受けるのだろうと可哀そうで仕方ありませんでした。

お金がなくて治療を受けられない子供もいると思います。だからできるときに少しでもお役に立ちたい。その思いは前からありました。日本で稼がせていただいたのだから、その恩返しもあります。寄付は1回限りではなく、できる限り継続していきたいと希望しています。

*彼女はクリスチャンである母親の布教活動のために年収の1割を教会に寄付しているそうで、また基金を設けて韓国ジュニアの育成に協力する計画も持っている。チャリティには熱心。

■次はアメリカに挑戦したい

――記録ずくめの賞金女王を達成した後はアメリカツアーに意欲を燃やしていると聞きましたが。

【ボミ】15年は日本で頑張ったから、次はアメリカという思いはあります。世界の舞台は難しく、また強い人も大勢います。その中で自分はどこまで通用するか試してみたいです。ただし日本を離れるつもりはありません。あくまで大好きな日本をベースにして、シード権があれば全米女子オープンや全英女子オープンに挑戦してみたい。私にとってはこんな素敵な国でプレーすることが本当の喜びです。日本には特別な思いがあります。

――となると今後の目標は結婚しかないのでは。

【ボミ】今はゴルフに集中して夢を叶えたから一番幸せだけど、やっぱり女だから結婚は考えます。理想の男性ですか? 目が細くて、切れ長の二重で、男前で優しくて、男らしい人。(今風のイケメンではなく、どうやら日本のサムライのような男性がイメージか)でもそんな人いないですよね。(はにかみながらやっと答えてくれた)

――賞金女王の次の目標ができましたね。今年もよい年でありますように頑張ってください。

※このインタビューは全競技終了後の過密スケジュールの合間をぬってようやく実現した。本人も疲労困憊だったろう。それにもかかわらず嫌な顔一つせず、質問にも笑顔で丁寧に答えてくれた。可愛くて、強く、謙虚で女性らしいしとやかさもある。なるほどファン、特に男性(老若)が熱狂するのもわかる。彼女こそ究極の“ツヨカワ”プロ。余談だがライバルのテレサ・ルーも強くて、優しい。この2人が16年の女子プロ界を牽引するのは確か。魅力があれば国籍に関係なくファンを魅了する。日本の女子プロも見習ってほしい。

(宮崎紘一=取材・文 細田榮久=撮影)